« 革肌恋しい(小物いろいろ) | トップページ | 鞄サンプル »

2006年10月 9日 (月)

矢来町

01_2 otohaciの所在する、「新宿区矢来町」この辺りは連休になると途端のんびりした町に変わります。平日は仕事中の方々が足早に通り過ぎるお店の前も、GWやお盆になると静かで長閑なご近所さんの散歩道に、これはこれで良い風景です。

この矢来町という町、神楽坂に近いので一般的に神楽坂と呼ばれることが多いのですが、落語家の古今亭志ん朝さんが住居を構えていて「矢来町の師匠」と呼ばれていたことや、作家の開高健さんが「牛込矢来町のS社」として新潮社での思い出話を綴っていたことを思い出され、私にとっては大変魅力的な町です。

という訳で、志ん朝師のCDを聞きながら仕事に励む3連休でありました。

|

« 革肌恋しい(小物いろいろ) | トップページ | 鞄サンプル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176433/12214376

この記事へのトラックバック一覧です: 矢来町:

« 革肌恋しい(小物いろいろ) | トップページ | 鞄サンプル »