« 2018年6月 | トップページ

2018年7月19日 (木)

完成/Rodi・Franz

Img_9367_2 Img_9368 Img_9370

持ち手を製作したら完成。

Img_1979 Img_1975 Img_1949 
W320×H240×D120mm(ハンドルを除く)、イメージしたフォルムを型紙に落とし込む作業が難しいデザインでした。
ギリギリA4が納まるサイズですが容量は少なめです、お仕事用と言うよりはお出かけ用で重宝しそうですね。
内縫いで柔らかいイメージに仕立てたり、小さ目のパーティーバッグや大きなボストンバッグでも作ってみたくなるデザインでした。
ありがとうございました。
Img_1825 Img_1820
近々同じデザインで展示用を製作する予定ですので今暫くお待ちください。

| | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

山羊入荷

アルランゴート・シュリー入荷です、今回はゴールド・ボルドー・黒の3色。

包装を解くとリンゴの様な柑橘類の様な華やかな香りが広がって、うだる様な暑さを和ませてくれます。

Img_1238
ついでという訳ではないですが、革をしまう際に見つけたシュリーのライムグリーンとアリゾナの黒で小さいポーチを試作してみました。
Img_1229 Img_1244 Img_1252
Img_1283 Img_1286

| | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

底付け

Img_9195_2 Img_9198 Img_9210

胴と底を縫い合わせます。
靴の底付けで言うところのマッケイ製法にヒントを得て、内縫いに適さない革の場合は胴を芯材と本底で挟んで縫い合わせます。
なかなか奇麗に仕上がったのではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

底芯

Img_9088 Img_9089

両側の横マチを縫い合わせたところです、形が安定せず足元がおぼつかない様子。
Img_9112 Img_9120
今回は内縫いではなく固めの芯に胴をつり込んで底と縫い合わせます。
Img_9118 Img_9122
底に芯が入ったことで形がビシッと決まって凛々しくなったような気がします。

| | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

梅雨の戻り

東京は梅雨の戻りのような雨が降り続いてますが、全国的には被害が出る程の大雨の予報が出てます、気をつけて頂きたいと思います。

Img_9030 Img_9041 Img_9046
Img_9051 Img_9063 Img_9086
鞄の状況は胴と裏地でファスナーを挟み縫い合わせてます。ファスナーや胴まちの貼り合わせは出来る限り正確にやりたいところ、慎重に丁寧に。

| | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

7月5日の恒例

Img_1486_2 Img_1487_2 Img_1488_2

本日は私的パイプ記念日、今年の一本はイタリアから公爵という名を持つ「Il Duca」。
大振りな卵形のボウルから伸びる華奢なシャンク、マウスピースに向かって徐々に広がった先のタマリンドの継ぎが良い景色を作ってます、前横後ろどこから見ても絵になりますね。
20180705_175953
例年なら本日火を入れるのですが今年はフライングで昨晩ブレイクイン、軽さ・バランス・エアフロー、大当たりな予感です。

| | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ