2019年9月 2日 (月)

Giuliano / Porta carte

手縫いじゃない名刺入れ、25年前に食べた山羊の蒸し焼きの味を思い出しながら製作しました。

Img_6122 Img_6126

先日お客さんと話した話題で、昨今進む電子マネー化で現金を持ち歩かない人の財布はどんどん小型傾向になる一方、携帯するカード類は数が減らないのでは?という話。ゆくゆくはポイントカードなんかも一本化されたり電子化されたりするのでしょうけど、今のところそこまで顕著には見えて来ません。と言うことは、いままでは名刺入れとして使われてきた商品がカードケースとして需要が増えるかもしれません。。。

Img_6127

ありがとうございました。

|

2019年8月25日 (日)

3点セット

甲子園が終わったとたん、何となく秋の空気に入れ変わった様な気がするのは私だけでしょうか?

Img_5909 Img_5912 Img_5915

TW&Sブライドルとブッテーロのコンビで二つ折り、スリムな二つ折り、馬蹄コインケースの3点セット完成しました。

普通の二つ折りは日常仕様、スリムな二つ折りは旅行や人ごみの中に行く際に前ポケットに入るのが便利だそうです。

Img_5911 Img_5917

内装はデュプイのライニング、このライニングの臭いが何とも言えなく好きです。

|

2019年8月 6日 (火)

ボックス型コインケース/カードケース

改札でSuicaをサッと取り出せるように、Suicaが挟めて口が大きく開くコインケースというお話でした。

Img_5899_20190805135001 Img_5898_20190805135101 Img_5903_20190805135001

通常サイズより横長ということはコインポケットの容量が大きい訳で、多めにコインが入ってもパンパンにならず薄さが保たれ、革やホックに負担がかかりづらいという事。開いた時も口が大きく開くので中が見やすく取り出しやすいので、通常サイズと比較してもこっちの方が断然使いやすいと感じます。

馬蹄型派だった私もそろそろボックス型に変えてみる頃合いかと。

|

2019年7月25日 (木)

マグネットート/写真追加

Img_5298 Img_5297

先日のマグネットート、サイズ感が分りやすいように写真を追加します。

Img_5290 Img_5289

商品を引き取りに来たお客様からのご注文も頂きました、今暫くお待ちくださいませ。

|

2019年7月23日 (火)

帯マチ・マグネットート

Img_5649 Img_5650 Img_5653

W260(340)×H200×D140(ハンドルを除く)

帯マチトート完成しました、是非お手に取ってご覧下さい。

 

|

2019年6月29日 (土)

三本挿し/雑感

Img_4603

3ヶ月ほど使用した絞り三本挿しペンケース

Img_4604 Img_4607 Img_4608

使用感は概ね良好、現在収納してるなかで一番太いペリカンのM101Nがピッタリ納まるサイズ、しかしモンブランの146では窮屈になるので大きめサイズも作って2サイズ展開にするのも有りですね。

クリップ挿しは先日作った様なセパレートにした方が剛性が強いと感じました。中に仕切りが付いているのでペン同士が擦れる事はないのですが、ペンが肩を寄せ合うように集まってしまうので見た目的にもセパレートの方が良いかなと。

また挿し部には摩擦に強いクシュベルを使ってます、モンブランの#72はクリップがキツいため痕が付いてしまいますけど摩耗はしていません。

Img_4609 

革にもあたり傷や擦り傷が付き始めました、まだ新しい頃の傷は目だって気恥ずかしい感覚になってしまいます、でもどんどん使い込んで光沢が出てあめ色を帯びてくると別の美しさを醸し出してくれることでしょう。

手入れはあえてシンプルにブラッシングと濡れタオルで磨くだけにして、これからの変貌を愉しんでみたいと思います。

|

2019年6月16日 (日)

ブライドル、アンラインド・トート

Img_3745

という経緯で完成した"Thomas Ware&Sons"によるアンラインドトート、素敵な紳士の手元へ届きました。

Img_3680

ちなみにこのタン色はナチュラルではなくブライドルレザー発祥のイギリスでは伝統的な色味、濃い目の色が多いブライドルの中で一段と堂々とした雰囲気に見えます、私も好きな色なんですが鞄など大きな物で持つにはお洒落上級者向きかなと思って躊躇してしまいます。

 

 

|

2019年6月 6日 (木)

修正して完成

Img_3724_1

革の表にスリット(切れ込み)を入れてメモ帳の背表紙をそのスリットに差し込む仕組みにしたんですが、メモ帳の台座は厚くしっかりしてるのに対し、付箋の台座はペラペラして上手くスリットに差し込めません。そこで付箋はスリットに差し込んで固定する方式ではなく枠で囲う方式に変更しました。

Img_3788 Img_3787

逆さまにしたら落ちてしまいますがそれはペンも同じ事、チョット斜めして移動させる程度ならズレる事なくしっかり固定できて書く際も問題ありませんでした。

100円ショップのメモ帳でも革のメモパッドに乗せると良い雰囲気になります、難しくないので教室でも作ってみて下さい。

|

2019年6月 1日 (土)

アップルウオッチベルト

Img_e9611 Img_e9616 Img_e9612 

アップルウオッチベルト2サイズ製作しました、夏に向け手元を彩るアイテムとしてご参考にして下さい。

着脱が簡単なので色んなベルトを用意してその日の気分で付け替えても愉しいと思います。

 

|

2019年5月24日 (金)

watch strap

Img_8230 

シュリーとクシュベルのコンビで時計ベルトを製作、

Img_8144 Img_8228 

盛り芯の形状や伸び防止、仕上がりの寸法にピッタリ合わせなければならないなど結構神経を使う仕事です、そこ愉しいとこですが。

Img_8231 

他にも色んな仕立て方があるのでそれらのサンプルも増やしたいですね。

 

 

 

 

|

より以前の記事一覧