2017年3月 7日 (火)

春の恒例

Img_8591 Img_8602

年末や年度末に合わせてご注文をいただく手帳関連のアイテム、QUOVADISの一番小さなサイズを仏/VeauEpsonとChevreで。
Img_8608_2 Img_8609_2
独/Nblessa Calfでは超整理手帳用のカバーを製作。
Img_8651 
近所の”銀杏堂”さんには早くもツツジの花が生けられてました。

| | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

PAPER WEIGHT / ペーパーウエイト

Img_8106

ペーパーウエイトを作ります。
Img_7785_2 Img_7786_2 Img_7895_2
Img_7762_2 Img_7914_2 Img_7916_2
すくい縫い、駒合わせ縫い、拝み合わせ縫いで真鍮の生地を革で包みます。今回はシンプルな形状のものを包んでますが、これらの技法を応用すると製作の幅もグンと広がりますね。
Img_8108
年末に1つ作ったらハマってしまいました、こんなこともあります。

| | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

自転車ショルダー / Bicycle Bag

Img_7448_2 Img_7456_2 Img_7451_2

自転車に乗る際に私が愛用している「Brady」のキャンバスショルダーを参考に、薄マチのカジュアルショルダーを作りました。
休日のサイクリングやお散歩、美術館巡りにもピッタリです、是非お試しください。
Img_7907_2
今回は伊・トスカーナ/conceria la Bretagna の Arizona での製作でした。

| | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

ペーパーウエイト

今日は車が少ないなぁ、と思ったら祝日でしたね。

Img_7905 Img_7761 Img_7900_2

4cm角の真鍮を拝み合わせ縫いで包んだペーパーウエイト、結構な重量感。
Img_7830
Bar meijiu にて京都のドライジンを勧められました、京都でジンを作ってるとは驚きです。最近の拘りクラフトジンのご多分に漏れず多少値が張るようですが、本格派で美味しいジンでした。

| | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

SLIPPERS

Img_6927 Img_6928_2

単身赴任中のご主人への誕生日プレゼントにとご注文いただきました。 大理石の床では滑るだろうと底はビブラム仕上げです、ありがとうございました。

Img_6932_2 Img_6933_2

1cm 以上の厚みの底を極太の糸で縫い、気合い入れてコバを磨きました!

| | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

カーリッジバッグ

Img_6195_2 Img_6198_2 Img_6202 

定番でご用意しているカーリッッジバッグ、かなり目立つお色でご注文いただきました。

濃いめの紫色の玉縁と巻革で鮮やかな赤が際立つ色使い、お客様の想像通りに仕上がったようです、ありがとうございました。

Img_7611_3

今年も残すところひと月とちょっと、安全運行で行きましょう。

| | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

WALL CLOCK / 壁掛け時計

Img_7341_2 Img_7364_2

小振りな壁掛け時計を製作しました。
Img_7324_2 Img_7374 Img_7375
Img_7400_2 Img_7384 Img_7387_2
1枚1枚の花びらが筒状に広がる珍しいコスモス、秋ですね。
Img_7398_2

| | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

【intrecciato】編み込みトートバッグ

Img_6721 Img_6727 Img_6717_3

H380/W280/D80(mm)、縦長・薄マチのトートバッグ。
編み込み作業中は気が抜けないという意味で、緊張しっぱなしの作業でした。
Img_6103_2
今回はイタリア・ベネト州のPOMARI社のカーフを使用しました。

| | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

革巻きバングル

Img_6407_2

革巻きバングル、細めと太めの2種類展開です。
写真のように落ち着いた色の革で巻くと、秋冬に映えそうな温もりのある質感に仕上がります。もちろん明るめの色で夏の手元を飾るのもアリですね。
Img_6403_2
手元のアクセントに革巻きバングルいかがでしょう。

| | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

人生の転機に、マネークリップ

Img_6270_2 Img_6267

銀座の仕立て屋さんで働いてるまだお若いお客様、秋にはイギリスへ渡り本場ロンドンの仕立て屋で働かれます。
その頃には今回の離脱騒動はどうなってるんでしょう?何かと大変な時期の渡英になりそうですが思いっきり頑張っていただきたいと思います 。
この度はマットな質感が好みと言う事で、テンペスティのエルバマットでマネークリップをご注文いただきました。相棒としてお供させて頂きます!

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧