2018年11月23日 (金)

台湾・・・続き

Img_5471 Img_5472 Img_5473 Img_5880

折角なので中心街から少し離れたレザークラフトショップへも行ってみました。
日本やヨーロッパの道具が豊富に揃っていて革も国産から日本産、ヨーロッパ産まで売っています。レザークラフト熱は台湾でもかなりなようですね、私は仕事用に糸を購入しました。
Img_5877
のんびり美術巡りと仕事のリサーチ、おいしいご飯で充実の3日間でした。

| | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

台湾

Img_5460_2

先月末の話になりますが台湾へ行って来ました。
Img_5522 Img_5560 Img_5603
Img_5612 Img_5615 Img_5617
以前行ったときに現代美術が盛んな印象を受けたのでそれを中心に回る予定でしたが、目的にしてた2つの美術館が両方とも展示替えのため縮小展示に、、、でも小さいギャラリーもたくさんあったのでそれらのギャラリーを巡って来ました。
スタッフさんもフレンドリーに接してくれてどのギャラリーも居心地が良かったです。

| | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

L'isoia di Torcello

猛暑に台風と気分が滅入るこの頃、現実から逃避したいと思った時は楽しい記憶を呼び戻して。。。

Img_1767_2 Img_1770_2

昨年6月末のヴェネツィア、本島から40分ほど船に乗るとトルチェッロという小さな島に着きます、ヴェネツィアに住んでいた友人の勧めで訪れました。

Img_1803_2 Img_1792_2 Img_1793

島のランドマークの鐘塔に昇ると小さくのどかな島全体が見渡せる絶景、現在は数十人しか住んでなくて他の島とは比べられないほど観光客も少ないですが、ここはヴェネツィア発祥の地と言われ由緒正しい島なんです。

Img_1778 Img_1779_2

またヴェネツィア本島の生活に飽きたヘミングウェイが移り住んだ島としても知られ、巨匠が長逗留したホテルで酒を呑むというファン冥利に尽きるひとときも過ごせました。

Img_1812 Img_1791 Img_1777 Img_1806

こんな様子でヴェネツィア最古の教会から運河沿いを散策してヘミングウェイのホテルで一休み、何気ない一日でしたがのんびりした良い一日でした。

ちなみに先日登場したマルコ君は「ベネチア」と表記すると注意されます、「ve」は「ヴェ」、「zi」は「ツィ」、カタカナでもなるべく正確にと結構厳しいです。
Img_1808_2
世の中は夏休みシーズン、otohaciも週末からお休みを頂きます。

| | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

coin purse / コインパース

Img_2314 Img_2317

昨年イタリアで知り合った革職人さんからコインパースの型紙を頂いていたので試作してみました。
ボタンで留めるだけのシンプルな構造は中身が見やすくて軽くて使いやすいですね、革の種類や部位にもよりますけどあと0.1~2mm程度厚みがあっても良かったかなと思います。
Img_2316_2
シュランケンカーフで2サイズ、コバはアクリル系の顔料を使用して青、赤、オレンジに仕上げてあります。
Img_2340
日本も異常な暑さですけどイタリアも暑いそうです。。。

| | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

Oscar君

Img_0149 Img_0152 Img_0156_2

長く教室に通われてる生徒さんにはお馴染みのオスカー君が2年ぶりに復帰しました。

Img_9964 Img_9965 Img_0260
Img_0273 Img_0430 Img_0432
今回挑んだのはシュランケンカーフ×ミネルヴァボックスのファスナーボストンバッグ、時間のかかる課題なので休む暇なく頑張ってくれました。
Img_0435 Img_0433 Img_0436 Img_0437
1ヶ月で仕上げるのは難しいかなと思っていましたが、製作の意図を理解してくれてスムーズに進行して無事完成しました、今までの経験が助けてくれましたね。
Img_0206
という訳でオスカー君1ヶ月お疲れさまでした、香港でも日本語を勉強してるらしく日本語の上達にもビックリでした。
また会いましょう!

| | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

Won君

以前教室に通ってくれたWon君が遊びにきてくれました。

昨年春に韓国へ帰国して大学を卒業した後、今年の春からフィレンツェの鞄学校で革製品の製作を学んでいます。しかもコンペで1番に選ばれてインターンの資格も得たようです。

私も最近行って来たばかりですけど、彼の話を聞いているとすぐにでもイタリアへ戻りたくなりますね、向こうの生活を楽しんでるようで羨ましい限りです。

Img_3213

何より嬉しいお土産もいただきました。
Img_3215 
ブランチャードも割引価格で買えるそうです、羨ましいなぁ〜。

| | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

Italia

Img_2007 Img_1086 Img_2037

Img_1671 Img_1979_2 Img_2501_3
先月末からお休みをいただいてイタリアへ行ってまいりました。
Img_1519 Img_2090_2 Img_2020_2
大いに食べて飲んで
Img_1282_2 Img_1928 Img_1330
美術館を回って
Img_1127_2 Img_1338_2 Img_1491
たまに仕事の話もしたりで・・・
Img_1374 Img_1739_4 Img_2131_3
120%充電して帰ってまいりました。
Img_2287_2
生徒さんへのお土産はノートです、ビビッと来るヤツを選んで下さい。
Img_2290
道具も少々仕入れてきましたので、購入希望の方はお伝えください。
問屋のおばちゃんから「たくさん買ったから仕事しろよ」の言葉を糧にもういっちょ精進します。
Img_2151
朝の涼しい空気での一服は格別でした。

| | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

7月5日は

私の独断で制定してる「パイプの日」。もう7回目になります、時が経つのは早いものです。

Img_1159
今年の1本は、言わずと知れたイタリアパイプの雄”CASTELLO”。先日ミラノの街角で目が合ってしまいました、今年も良い出会いに恵まれて1年間頑張れそうです。

| | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

「星野道夫の旅」展

Img_6965_2

20数年前カナダの北極圏を旅してた時、このままアラスカまで足を伸ばしたら星野さんに会えるかも?なんて考えた事がありました。
結局 マッケンジー川を下り終えた頃には3ヶ月が経ち、雪も降り出したり帰国も迫ったりで会いにいくまではいたりませんでしたが、当時からずっと星野さんの写真と文章の大ファンです。
そんな訳で写真展の最終日に行って来ました。伝わりますねグッと、、、観れて良かったです。
Fh000035 Fh000029 Fh000016_2
久しぶりに当時の写真を見返すと、シミジミときます。

| | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

He is back

Img_5113

昨年香港から来日して教室に通ってたオスカー君が戻って来ました。
Img_5370
今年は1ヶ月間だけの来日でしたが、今回も製作や仕入れに頑張ってくれました。
Img_5386
しかし1ヶ月はあっという間に過ぎましたね〜、満開の桜を楽しみにしてたんですがその前に帰国となってしまいました、次回は満開の時期に待ってます!
Img_5387_2 Img_5388 Img_5390_2
帰国後、香港ではレザーフェアが開催されたそうで、その様子も教えてくれました。アメリカ、ヨーロッパを始め世界中のタンナーが会するらしく面白そうです、機会があったら是非参加してみたいですね。

| | トラックバック (0)