2019年4月23日 (火)

視覚障害の方と革のワークショップ #2

今回は本番のワークショップを開催する前のたたき台として、普段私達が行っている作業工程を一通り経験して頂き、皆さんからアドバイスを頂くトライアル的な試みになっています。

Img_2089_1 Img_2090 Img_1824_1 

コバ面をヤスリで整えてからフノリで磨き、ネンを入れてコバを仕上げました。

Img_2091_1 Img_2092 Img_2093_1

コバから5mm内にネジネンでガイドラインを引き目打ちを打って頂いたのですが、さすがにこの行程は判断が難しいとの事でしたので、 

Img_2130 Img_2100_1 Img_2099_1 

急遽1.5mm厚のボンテックスにハトメ抜きで縫い目を示す穴を開けた型紙を作りました、これにより型紙を革の床面に両面テープで固定してその段差に沿ってカッターで裁断したついでにポンチで縫い目も開けれる訳です。

Img_2132 

縫い穴のピッチや大きさは改良の余地がありそうですが、私達も皆さんから意見を聞いて色んなアイデアが浮かんできました。

それにしても皆さん物知りでお喋り好きで話が盛り上がりすぎてお互い作業を忘れることもしばしば、そのおかげで想定より余計に時間がかかってしまいますが、、、彼らの様な視覚障害の方とふれあう機会がほとんどなかった私ですが普通に楽しませてもらってます。

次回は1ヶ月後にお会いしましょう、また様子をレポートします!

|

2019年4月19日 (金)

視覚障害の方と革のワークショップ #1

Img_1806

障害のある人たちと一緒に創作活動をしている生徒さんが視覚障害の方と革のワークショップをやろうと言う事で、そのお手伝いをさせてもらっています。先週から始まって今週が2回目でしたが私自身も驚いたり発見したりでかなり楽しいです。

Img_1810 Img_1809 

まずは私が普段使う革包丁を試してもらったところ、研いだばかりの包丁とそうでない包丁をズバリ言い当てられて、、、(汗)。

Img_1812 Img_1814 Img_1816 

そして型紙を床面に仮貼りしてカッターで裁断。指先を刃に添えて切るので見てる方がヒヤヒヤしてしまいますが、皆さんお喋りしながらも指に切り傷一つ付けないんですね。

Img_1817 Img_2085 Img_1815 

こんな使い方アリ!? 私には考えつかないカッターの使い方で無事に裁断。

Img_1818 Img_1823-2 Img_1824 

さらにコバも磨いてもらいました、ヤスリをかけてフノリで磨いていると少しづつコバが奇麗になってくるのが解るそうです、指先の感覚は私の数倍も鋭いですね。

驚きと発見と笑いであっという間の2時間、続きはまた後日レポートします。

55ab3dc5147c327dc49842a97333c05c_w

ところで選挙運動真っ盛りの今日、点字ブロックを塞ぐように関係者が並んでたり、スピーカーなどの機材が置かれていて歩道を通れないことがあると聞きました。候補者や関係者の皆さんには気をつけて頂きたいところです。

|