2019年9月18日 (水)

再び東陽町

Img_7680

前回、見所がいっぱいなのに時間がなくて駆け足で見て回った竹中工務店の「木工藝 清雅を標に」を再訪。

見れば見るほど心引かれる作品群は、木工や工芸に興味がなくてもこの展示を観たらその美しさに息をのむはずです。

Img_7683 Img_7684 Img_7689

終盤には木の組み方や材料や道具を紹介してあって、これも非常に興味深い内容でした。

|

2019年9月17日 (火)

忘れる時はあっという間、、、

友人の両親がイタリアから来てるとのことで一緒に食事へ。

Img_7536 Img_7538

せっかく日本に来たんだからと日本食にも色々チャレンジしてるらしいのですが、年配の両親は慣れない食材に疲れ気味なので食べ慣れてるイタリア料理へ。食事もおいしくてマンマのマシンガントークも楽しいんですけど、それに対して私がちっとも返答できない、、、ちょっと前ならもう少し喋れたと思うんですがショックです。。。せっかくの楽しい席で思うようにコミュニケーションが取れないのは何とももどかしい、いざ勉強するとなるとなかなか覚えられないですけど忘れる時はあっという間、もうちょい頑張りますよイタリア語。

Img_7505

お土産グラッチェでした、次回はイタリアで会いましょう!

|

2019年8月31日 (土)

豪華な差し入れ

Img_6901_20190830175701

仕事でしょっちゅうイタリアへ行くお客様からイタリア食材を詰め合わせた差し入れが届く。ドライトマトにサルディーニャのショートパスタ、乾燥ポルチーニと魚介用のスパイス、さらにサフランパウダーとカラスミ!!!

これはテンション上がります!豪華な食卓になりそうです〜。

Img_5510

こちらはフランスの山羊の革。

山羊と言えばモンゴルへ行ったとき山羊を絞めて蒸し焼きにして食べたことがあります、肉や皮や血から内蔵まで全てを無駄なく奇麗に捌く遊牧民の手さばきに感動したものです、もちろん肉も美味でした。

山羊の革を見て山羊を食べた記憶が蘇る、食欲の秋。

|

2019年8月28日 (水)

時間足りなかった

Img_6786

東陽町の竹中工務店のギャラリーで開催されている「木工藝 清雅を標に」を観て来ました。

さほど大きな会場でないのは知ってたので30分程立ち寄るつもりだったのですが、素晴しい作品群に見入ってたら全然時間が足りませんでした。縦から横から斜めから眺めて、その美しさに見とれながらお酒呑んだらさぞ美味しいでしょうね。

 

次の予定があったので引き上げましたけど、会期中にもう一回行きます、今度はゆっくり時間を取って。

|

2019年8月23日 (金)

「ひろがる地図」

Img_6784_2

浅草で時間調整になったので、空いた時間で現代美術館の「ひろがる地図」展をみて来ました。

Img_6779Img_6774_2Img_6761_2

清澄白河の街を探検する参加型の作品があったり、地図をテーマに様々な作品が展示されてます。

中でも全盲の光島貴之さんが手がけた触れるアートと、「大地の芸術祭」でも刺さった栗田宏一さんの土の標本は興味深く見せてもらいました。

 

 

 

|

2019年8月21日 (水)

1億円のギター!?

A4109_s800b1b5

あの名曲に使われたギターが1億円で落札されたというニュース!!

映画「イエスタデイ」じゃないけど、この人がいなかったら私の音楽感はどうなっていたのか、想像できない程に影響を受けた人です。

Img_9753 Img_9757

 </p

Loan Me a Dime / Duane Allman & Boz Scaggs 

|

2019年8月10日 (土)

選手交代

Img_4713

このところ細字用として使ってた万年筆を60年代のモンブラン#72から、同じく60年代物のペリカン400NNに交代。

Img_4714

筆の様にしなやかな#72は気持ち良い書き味が愉しめます、それに比べるとやや堅めだけど先日ペン先の調整してもらって滑るようにペンが走る400NNも書く愉しさが味わえる1本です。

|

2019年8月 6日 (火)

ボックス型コインケース/カードケース

改札でSuicaをサッと取り出せるように、Suicaが挟めて口が大きく開くコインケースというお話でした。

Img_5899_20190805135001 Img_5898_20190805135101 Img_5903_20190805135001

通常サイズより横長ということはコインポケットの容量が大きい訳で、多めにコインが入ってもパンパンにならず薄さが保たれ、革やホックに負担がかかりづらいという事。開いた時も口が大きく開くので中が見やすく取り出しやすいので、通常サイズと比較してもこっちの方が断然使いやすいと感じます。

馬蹄型派だった私もそろそろボックス型に変えてみる頃合いかと。

|

2019年8月 5日 (月)

阿佐ヶ谷/七夕祭り

Img_6256

週末は阿佐ヶ谷在住の友人と七夕祭りへ。

Img_6249 Img_6251 Img_6252

初参戦だったので盛り上がりに飲み込まれ、完全に飲み過ぎました、、、

Img_6254

友人お薦めのイタリアン、さすが地元情報、美味しかったです。

|

2019年7月31日 (水)

7月手縫い鞄教室

Img_4971

バングル完成。

Img_4281 Img_4282_20190731172501Img_4160_20190731172901

土台になる金枠の両端を削ってサイズ調整をします、そこに盛り芯の床革を貼って形を成型。

Img_4967 Img_4968 Img_4970

革を巻いて目打ち、縫い、コバ処理をして完成です、夏のお供に愛用して下さい!

Img_5559 Img_5556 Img_5558

ラウンドファスナーのハンドバッグ完成、長い行程でしたが丁寧に頑張って頂きました。大変良く出来てます、お疲れさまでした!

Img_3723 Img_5629 Img_5635

スリッパ製作中、分厚いソールを縫う時とコバの磨きが結構大変です。次回には完成ですね、もう一息頑張ってください。

Img_3395 Img_3396 Img_3398

自分の使い勝手に合わせたシステム手帳を作るための準備をする生徒さん、革が重なる部分の処理や各部分の厚み、芯や補強を考えながら構想を練ってます。

Img_7364 Img_4331 Img_4122 Img_5637

こちらもファスナーのハンドバッグ製作中、だいぶパーツがまとまって来ました、このあと胴とマチを合体させてグルッと縫っていきます、頑張りましょう!

Img_3814 Img_3812 Img_5106

トランクの製作に取り掛かった生徒さん、まずは芯になるボンテックスを貼り合わせ90°に曲げる部分の溝を彫ります、深さと角度に気をつけて慎重にお願いします。

Img_3264 Img_4850 Img_5449

サイズをアレンジしたショルダーストラップ付きのハンドバッグを製作中、ご自分の好みの形や革とあっていつもより丁寧に進めてるような、、、まだ途中ですが完成が楽しみです。

Img_4156 Img_4162

シュランケンカーフで縫わない名刺入れを製作中、断面をきれいに揃えた裁断とコバの処理が大事なトコです。

Img_4128 Img_4124 Img_4126

お子さんが使ったランドセルのカブセを使って財布を作って欲しいという注文を受けた生徒さん、それぞれのパーツの厚みや使ってる芯材などを調べながら解体中です。

Img_4132 Img_4904 Img_5785 Img_5553

差し入れ沢山ありがとうございました、8月も暑い日が続きますので体調崩さないように宜しく願いします!

|

より以前の記事一覧