2019年11月13日 (水)

秩父錦

Img_e0069

いつの間にか秋も深まって街の木々がだいぶ色付いてきたこの頃ですが、この調子であっという間に年末なんでしょうね。

Img_e0066

先日仕事で秩父に行った方の話だと、この前の台風で土砂崩れなどかなりの被害があったようです。今年はホントに自然災害に泣かされた一年でした、被害にあった各地が早く日常生活を取り戻せるようにと願います。

|

2019年11月12日 (火)

バスキア〜!

Img_e9770

楽しみにしてた”バスキア展”へ。

Img_e9783 Img_e9774 Img_e9781

圧巻の作品群と圧倒的な力強さ、目に見えない大きな力を感じるのは実物を観るからこそでしょう、今週末までの会期ですが観る価値アリです。

Img_e9777

"Made in Japan"

|

2019年11月 7日 (木)

高円寺”jirokichi”

Img_8684

20年ぶりに高円寺の”jirokichi”へ、久しぶりすぎて前回誰を観たのか覚えてないですけど、ブルースやソウルが聴ける老舗のライブハウスは思いがけない凄腕のミュージシャンがフラッと演奏したりするので常にチェックするべき箱です。

Img_8704

来年が45周年だそうで音楽文化を発信して根付かせた功績は絶大ですからね。変な話ですけど、ずいぶん前に大好きなドラマーのバーナード・パーディーのライブを見逃した事が何より心残り、一生忘れないほど悔いています。

|

2019年11月 6日 (水)

”クリスマスリース”教室

Img_e9888

お隣の花屋さん”花楽里”さんの恒例クリスマスリース教室を今年はotohaciで開催する事になりました、素敵なリースが作れますのでご興味のある方はお声がけください。

|

2019年10月28日 (月)

一休み。。。

Img_7259

スコットランドへ旅行した方かのお土産、私も大好きなアイラ島のボウモアのミニチュアボトル。

酒場が好きなのであちこちの酒場へ顔を出してるとスコットランド旅行の話を良く聞くんです、その度「自分もいつかは!」と心に誓っています。

Img_8602

今日は年に一度の健康診断でそれに備えて昨夜は休肝日にしたので、今晩は心置きなく呑んで良い日なんです。

|

2019年10月27日 (日)

改訂版製作中#3

コインポケットと札入れのマチの取り付けへ、

Img_8623 Img_8617 Img_8626

コインポケットのマチと札入れのマチを貼って縫ってから、コインポケットの底部を縫い合わせて内装が完成。

Img_8636 Img_8650 Img_8654

今回はクロムレザーを使ってる事もあり全てのコバをへり返しで仕立ててます、コバ漉きの加減や先端0が上手くいかないとへり返しが直線にならなかったり極端に厚みが出るのでそこのところ慎重に。

|

2019年10月22日 (火)

冷たい雨の休日

 

Img_9121

金木犀の香りが漂い始める季節になりましたが、即位の礼が執り行われた本日はあいにくの冷たい雨。

Img_9156 Img_9158

台風の災害が立て続けに起こった最近は気が滅入ります、”花楽里”さんの店頭には前回の募金の報告と今回の台風被害のための百合の花が並んでました、それぞれが自分の出来る支援を考える機会ですね。

Img_9265

一杯呑みながらそんな四方山話にふける今日この頃。

|

2019年10月18日 (金)

恥ずかしい記憶

20数年前、鞄の勉強をしながら金具も自作したいと思って原宿のジュエリー専門学校の夜間コースへ通ってまして、デザインや技法の勉強にカルティエの図録を良く観ていたんです、先日カルティエ展を観覧しながらそんな頃を思い出しました。

「この石どうやって留めてんの?」「こんな原型人間の手で作れんのか!?」とか、ウルトラメゾンのスペシャルな腕を持った職人さん達が心血を注いで仕事してる訳ですから私とは天と地以上の差があるわけですけど、「自分でも出来んじゃない!?」と思い込めるんですから今思い出すと根拠のない過信って恥ずかしい。。。

そんな私も革に携わり始めて30年弱、独立して13年、自分の足元を見直す良い機会だった様な気がします。

|

2019年10月14日 (月)

「Cartier:時の結晶」展

Img_8874

寒々とした秋雨の本日は「カルティエ展」へ

Img_8884 Img_8883 Img_8880

「技術を隠すことが芸術の完成である」とはギリシャの詩人の言葉(だった様な、、、)。どれをとっても素材の美しさを追求した素敵な作品で、観覧しながらそんな言葉を思い出しました。

100年前に作られた物から近年の作品まで個人の所蔵も含めて、これだけのコレクションが一堂に会する展示は貴重ではないでしょうか、是非ご覧下さい。

|

2019年9月27日 (金)

懐紙入れ

Img_e7747Img_e7744

お茶席での必需品、男性と女性で懐紙のサイズが異なるので2サイズを製作しました。

Img_e7753 Img_e7754

それぞれ懐紙ポケットの前面には菓子切りを納めるポケット、女性用のもう片方は扇子が納まる浅めのポケットを、男性用は袱紗が入るように少し大きなポケットにしました。ポケットのサイズは調整可能ですのでご自分の使い方によって選んで頂けます。

Img_e7756Img_e7755

使用した革は女性用がワインハイマー・トルソー、男性用はアルラン・シュリー。

トルソーの方は元々お気に入りの革だったのですが10数年前に問屋さんが取り扱いをやめる際にまとめて仕入れておいた物、今回のイメージにちょうど良かったのでお薦めしました。

|

より以前の記事一覧