2018年6月14日 (木)

材料準備

Img_0709 Img_0711 Img_0712

トランクのフタ裏に取り付けるリボン鋼の加工。

Img_0714_4 Img_0891
Bontexの芯に革を巻いたフタの内寸は1〜2mm程度の誤差が出るため、組み立てた状態で角にピッタリ合うように調整します。
作り置きが出来ないでちょっと手間がかかりますが、こういう手間は大事にしたいところです。

| | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

頼れるアドバイザー

矢来町でotohaciを開業した当初からのお客様N氏が遊びに来てくれました。

Img_0379 Img_0418 Img_0428
N氏は文具関係にめっぽう強いため、関連の革製品を製作する際のアドバイザー的存在であり、万年筆を始め私の趣味にも多大な(悪?)影響を及ぼしています。
Img_0644_2
今回もご依頼いただいた文鎮のお引き取りがてら悪い誘惑をたくさん囁いて帰られました、、、悪い誘惑は蜜の味です。

| | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

幸運のラスイチ

Img_9741_2

寒い日が続いてる今週、スカイツリーも心なし寒そうに見えす。
Img_9749_2 Img_9748
急遽どうしても革が1枚必要になり問屋さんに電話したところ、「大口の注文が入って在庫無いんだけど、、、1枚なら何とかするよ」と心強いお言葉。
Img_9746
「一番良いヤツ取っといたから」と、棚にはAグレードのベッピンさんが一人で待っていてくれました、「良いもの作ってね」と毎回声をかけてくれる心優しく頼れる問屋さんです。

| | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

お出かけ日和

初夏のような良い天気が続いてます、

GWの前半は仕事に励んで後半にお休みを頂く予定です。
Img_7049 Img_6878
VOCALOU / Annonay!

| | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

ミステリーサークル?

Img_9258_2

シュランケンカーフを広げてみたら、背骨のど真ん中につむじの様な渦巻きが。
傷や虫刺されの痕が残って事はあるのですが、背骨の上を渦を巻くように皺が寄っているこんな状態は珍しいです。
Img_9259
顔料をベッタリ乗せれば傷や皺はある程度隠せます、でもシュランケンカーフは薄化粧なので地肌の状態が表皮に直接現れます。大判を取りたいのに虫刺され痕が入ってしまったり、中途半端にトラが被ってしまったりで取り都合はかなり悪い革です。でもその苦労を補って余るほどの魅力がある革であります。
Img_9260
はたまた牛の皮膚にもミステリーサークル的な謎が潜んでいるのかも。。。

| | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

ラウンド長財布

Img_9304_2 Img_9307_2 Img_9338

雨上がりには新緑の香りが、晴れた日は春の花々が五感を楽しませてくれる季節。
Img_6211 Img_6231_2 Img_6233
Tempesti/Rodiで長財布を製作しました。

| | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

13日の

13日の金曜日なのに大安の本日、自転車に乗って強風に煽られながら重い荷物を背負い仕入れ回りをしたせいか太ももが小さく痙攣してました。

Img_5203 Img_5253_2 Img_5255_2
Img_5361_2 Img_5364_2 Img_5366_2
絞りの一本挿し、何度も作ってるけど何度作っても面白くて作り甲斐があります。

| | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

ItaliaからCuba

Img_8430_2 Img_8382_4 Img_8379_7

寒の戻りの真っ只中、中庭が美しいイタリア大使館で当店でも取り扱いのある「conceria 800」のセミナーに参加してきました。
29472863_2033115826762906_5268129_2 29495895_2033116033429552_892175563 Img_8389_2
昨年から取り扱っているvacchetta800も好印象ですし、今回のセミナーで皮を鞣すという仕事の信念や哲学にも触れていてそちらも好印象でした、今後日本でも取り扱いが増えるであろう楽しみなタンナーです。
Img_8410_2 416ncvwqk8l_2
夜はキューバの歌姫のライブへ。80過ぎとは思えない可愛らしくて艶っぽいステージでした、この節回しは年を重ねた名人にしか出来ないだろうなぁ〜。

| | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

キツイ

今週は花粉がキツかった、くしゃみ鼻水咳涙、顔の周りがゴチャゴチャ忙しくて頭までボーッとしてきます。

Img_8110_2 Img_8111_2 Img_8112_2

そこでお隣の花屋さんで花粉少なめの花を選んでもらいました。お気に入りは彼岸花科の線香花火という花、名前の通り可憐で可愛らしい花です。彼岸桜で一足早いお花見も!
Img_5424_2 Img_5509_2 Img_5513_2
昨年AlranからChèvre Sullyを仕入れたのに店頭サンプルがなかったもんで小さなポーチを作ってみました、上品な山羊の質感を感じて頂けたらと思います。

| | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

2月は短い

2月が短いのは当たり前ですが、感覚では実際の日数よりも短く感じます。一事が万事いつもこんな感じですね。

Img_5402_2 Img_5507_2 Img_5421
3月もあっという間に過ぎてしまうと思いますけどセミナーや出張の予定もありまして一部営業日程が変更になる日がございます、改めてお知らせ致します宜しくお願い申し上げます。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧