2019年9月 8日 (日)

ランドセルその後

Img_6896 Img_7360 Img_7361

先日真っ二つになったランドセルは生徒さんの手によって少しづつ解体され、各部の素材や厚みや芯材の種類など克明に観察されました。

革の漉き方や補強の使い方、場所によって芯材の素材や厚みが変わってたり、見ただけでは気付かないことを沢山発見したようです、調べれば調べる程よく考えられて作られてることが分ります。「ランドセルって凄いな〜」と言う率直な感想を何度も呟いてました。

Img_7146

今回の研究を今後の製作に活かしてもらいたいですね、お疲れさまでした!

|

2019年9月 6日 (金)

ランドセル真っ二つ

お知り合いからお子さんが6年間使ったランドセルで記念に何か作れませんか?と依頼を受け、財布とコインケースを製作し無事納品し、その対価に残ったランドセルを受け取った生徒さん。

そのランドセルを解体し構造を調べようと言うことで、ちょっと気が引けますが、、、おもむろにノコギリを手に取ってランドセルを真っ二つ!

Img_6893 Img_6894 Img_6895

こういう時は躊躇せず一思いにやってしまう方がランドセルにも失礼がないかと。。。

教室で作業してた生徒さん達は何事が始まったかと、さすがに驚いてました。

|

2019年9月 4日 (水)

新しい革包丁入荷

Img_4442_20190904161101 Img_4443_20190904161101

先日刃物問屋さんが営業に来て、新しい包丁を紹介して頂きました。

Img_5084 Img_7012

まずは刃裏、一般的な包丁の裏面(鋼面)は平に仕立ててあって使い始める際に裏研ぎをしてから表の刃を付けます、でもこの包丁は刃先が厚く盛り上がっていて段差が付いていて(光ってるところが厚みがあります)先端部分だけ鋼が厚く乗ってる状態。なのでまずはこの部分だけ裏を出して使い始め、刃が短くなったら手前の部分を改めて裏研ぎをするという形になってます。先端は元々かなり奇麗に仕上げてあるのでそのままでも充分な切れ味でした。

Img_5087 Img_5088

パッと見たとき刃が曲がって柄に取り付けてあるのかな?と見えますがこれはわざと角度を付けてるそうです、従って中子(柄の中に入ってる部分)も刃から直線ではなく首の部分で折れた形状なんですね。

細かい感覚ですが包丁を引く時や研ぐ際に、このちょっとした角度が使いやすく感じます。

Img_5105

そして刃の挿し方、柄を縦に割って断面に中子の形にくり抜いてから刃を挟んで止めているので、隙間がなく口金がなくてもガタつかず緩まないところも丁寧です。

Img_5634 Img_5631 Img_5633

鋼はダイス鋼、元々が仏像などを彫る彫刻刀を作ってるの会社なので刃の材質には拘りがあるそうです、手入れもし易く切れ味はかなり良いです。

Img_7009

教室の生徒さん方にも好評でした。

|

2019年8月29日 (木)

8月鞄教室

Img_6194 Img_6196 Img_6197

せっかく時間をかけて進めて来たファスナーハンドバッグ、ここでしくじる訳にはいきません。最後まで気を抜かずに、、、

Img_6198 Img_6889 Img_6890

奇麗に返せてホット一息。丁寧な仕事は裏切りません、大変良く出来ました!

Img_6574 Img_6576 Img_6572  

息子さんの就職祝いに作ったブリーフケース、渡すのが半年遅れになったけどその分愛情も詰ったプレゼントになりました。その気持ち伝わってますねきっと!就職おめでとうございました。

Img_6713_2 Img_6715_2 Img_6717

ダレスバッグ製作中の生徒さんは横・底マチに仕切りを取り付けてます。丁寧で的確な作業はさすがベテラン!

Img_6138 Img_6139

夏の手元のアイテムにじわじわ人気だったレザーバングル、2色完成させました。革やステッチやコバの色のアレンジで夏だけでなくこれからの季節も活躍してくれますよ。

Img_6883 Img_6882

復習も兼ねて久しぶりに二つ折りを製作した生徒さん。型紙が前回と変わってることがあって同じ進行にならないこともしばしばですが、そこは私の型紙も日々アップデートしてより良い作品を作って頂きたいと思ってのことですのでご理解ください〜。

Img_6136 Img_6385

ブッテーロのアンラインドトート完成、肩に掛けられるように持ち手の長さを伸ばして内蓋を追加するようにアレンジしました。ブッテーロは使い込んで本領を発揮する革です、手入れしながら末永く可愛がって下さい。

Img_6884 Img_6926 Img_6927

ラウンドファスナーの財布、外はsedgwickブライドル、中はブッテーロのコンビで完成しました。このサイズはちょっとしたお出かけに重宝します、何種類かパターンがありますので一つ持っていると便利ですよ。

Img_6190 Img_6189 Img_6565

スリッパの最終仕上げは厚みのあるコバを整えて磨いてワックスでコーティングして完成です。色の組み合わせもサイズ感もピッタリですね。

Img_6562 Img_6581 Img_6580

ファスナーブリーフケース完成。ネイビーとチョコの相性は間違いないですね、ショルダーベルトを取り付けられるようにデザインを少し変更して製作しました。大変良く出来てます、お疲れさまでした!

Img_6830_20190828202401 Img_6860_20190828202401 Img_6861

Img_6128 Img_6129 Img_6711

今が旬のシャインマスカット、オモシロ金太郎飴、旅行のお土産ありがとうございました!

 

 

|

2019年8月 3日 (土)

ボックス型製作中

背胴にSuicaを挟めるボックス型順調に進行中、使いやすいコインケースが仕上にりそうです。

Img_5884 Img_5885 Img_5888

今日の教室でも「お暑うございます・・・」が挨拶代わり、睡眠・水分を充分に取って夏対策お忘れなく!

|

2019年7月31日 (水)

7月手縫い鞄教室

Img_4971

バングル完成。

Img_4281 Img_4282_20190731172501Img_4160_20190731172901

土台になる金枠の両端を削ってサイズ調整をします、そこに盛り芯の床革を貼って形を成型。

Img_4967 Img_4968 Img_4970

革を巻いて目打ち、縫い、コバ処理をして完成です、夏のお供に愛用して下さい!

Img_5559 Img_5556 Img_5558

ラウンドファスナーのハンドバッグ完成、長い行程でしたが丁寧に頑張って頂きました。大変良く出来てます、お疲れさまでした!

Img_3723 Img_5629 Img_5635

スリッパ製作中、分厚いソールを縫う時とコバの磨きが結構大変です。次回には完成ですね、もう一息頑張ってください。

Img_3395 Img_3396 Img_3398

自分の使い勝手に合わせたシステム手帳を作るための準備をする生徒さん、革が重なる部分の処理や各部分の厚み、芯や補強を考えながら構想を練ってます。

Img_7364 Img_4331 Img_4122 Img_5637

こちらもファスナーのハンドバッグ製作中、だいぶパーツがまとまって来ました、このあと胴とマチを合体させてグルッと縫っていきます、頑張りましょう!

Img_3814 Img_3812 Img_5106

トランクの製作に取り掛かった生徒さん、まずは芯になるボンテックスを貼り合わせ90°に曲げる部分の溝を彫ります、深さと角度に気をつけて慎重にお願いします。

Img_3264 Img_4850 Img_5449

サイズをアレンジしたショルダーストラップ付きのハンドバッグを製作中、ご自分の好みの形や革とあっていつもより丁寧に進めてるような、、、まだ途中ですが完成が楽しみです。

Img_4156 Img_4162

シュランケンカーフで縫わない名刺入れを製作中、断面をきれいに揃えた裁断とコバの処理が大事なトコです。

Img_4128 Img_4124 Img_4126

お子さんが使ったランドセルのカブセを使って財布を作って欲しいという注文を受けた生徒さん、それぞれのパーツの厚みや使ってる芯材などを調べながら解体中です。

Img_4132 Img_4904 Img_5785 Img_5553

差し入れ沢山ありがとうございました、8月も暑い日が続きますので体調崩さないように宜しく願いします!

|

2019年7月29日 (月)

ボックス型コインケース、改良パターン

Img_5935

お題はSuicaを挟めるコインケース。

ご希望は馬蹄型のようにガバッと口が開いて中の小銭が見やすいとういご注文、となるとパターンは絞られてきます。

馬蹄型で考えると長方形にデザインして背にポケットをつける事は可能ですが、R部の膨らみが必要なので無駄に大きくなってしまいます。その点ボックス型なら余分な捨て寸がないためポケットをつける事は難しくないということでボックス型を選択。

しかしカードのサイズに合わせて横幅を広げて長方形にすると蓋を閉じたときに折り畳みマチの間に隙間が出来てしまって小銭がこぼれてしまいます、そこで閉じた時でも小銭がこぼれないように型紙を修正しました、さらに単に内側にマチを深く取っただけでは畳んだときにマチ同士が重なってしまうのでその辺りを微調整しながら製作を始めます。

|

2019年7月26日 (金)

新しい包丁、仕入れました

Img_4442 Img_4443

先日刃物問屋さんから営業に来て頂いて、ちょっと面白い包丁を仕入れました。ネットなどでは以前から売られてるらしいのですが私は初めて触らせてもらいました。

教室の生徒さんも使えるように見本を用意しましたので是非お試しください、何が面白いかは実物を見てもらいながら説明します。

|

2019年7月23日 (火)

帯マチ・マグネットート

Img_5649 Img_5650 Img_5653

W260(340)×H200×D140(ハンドルを除く)

帯マチトート完成しました、是非お手に取ってご覧下さい。

 

|

2019年7月20日 (土)

仕上げ

Img_1357 Img_1360 Img_1590

全容が見えて来ました、各パーツを組み上げて縫い合わせと磨き上げの作業にはいります。

最後まで集中して取り組みましょう。

|

より以前の記事一覧