2018年5月21日 (月)

上を向ういて〜♪

Img_0093

抜けるような青空を見上げて思った、スマホや足下だけでなくたまには上を向いて歩きましょ!

Img_0003 Img_0002_2 Img_9999 

先週は平成生まれの若者とさし呑み、元気で前向きな若者は頼もしいですね。上向いてます。

| | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

4月鞄教室

Img_8611 Img_9002_2 Img_9003_2

口枠ボストン順調に丁寧に進めてます、長丁場になりましたが口枠と縫い合わせて完了になります、どんな仕上がりになるのでしょう。

Img_8998 Img_8999
前回製作したハンドバッグと同じRodiでキーケース&パスケースを製作、統一感のある装いでお出かけが楽しみです。
Img_8748 Img_8995 Img_8996
薄マチショルダー製作中、膨らみを持たせるすくい縫いと前背胴の合わせが肝心なところ、もうすぐ完成です頑張って!
Img_9385 Img_9394
母の日のプレゼントを完成させた生徒さんは5月から資格所得のため一時休会です、仕事終わりに学校へ通うのも大変ですが頑張って合格してまた復帰して下さい。
Img_8838 Img_8839 Img_8840
カブセ1室ブリーフケース完成、重ねた革から成型した持ち手は鞄の顔、見る人が見たら唸るはず。作り続けられるクラシックな鞄には訳があります。
Img_8326 Img_8750
L字ファスナーの財布をまとめて完成、ご家族のみなさんで使うのでしょうか?表、内の革とステッチの相性を悩みながら進行しました、お揃いの財布良いですね。
Img_8699 Img_8700 Img_8701
二つ折りのカードポケット、型紙を見ただけでは何の事かさっぱり分らないと思いますが、革で強度を損なわず薄く仕立てるのは繊細な技術が必要でした。
Img_9236 Img_9389 Img_9391 
ファスナーポーチ3つ揃って完成、職場が移動になるためお世話になった方へのお礼だそうです。職場の方が羨ましい。。。
最終週は私の怪我で何かとご心配をおかけしました、お陰さまで無事回復に向かってます。
生徒さんも大型連休でリフレッシュして5月も宜しくお願いします!

| | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

3月鞄教室

Img_8139 Img_8314_4 Img_8315_2 

ご自分用に名刺入れ作りました、通しマチの角部分は幾重にも革が畳まれるため厚みの調整が難しいですが奇麗に仕上がりましたね。

Img_6622_2 Img_7972_2 Img_7973_2
カードケースのような財布のような小さなケースを製作。折りマチやカブセの仕立て方は今後も参考になると思います、大変良く出来ました。
Img_6949_2 Img_7956 Img_8138_2
ご自宅にあった鉛の塊が革巻きペーパーウエイトに変身、何気ない物に革を巻いてオリジナルに仕立てるのも楽しい作業です。
Img_7082_2 Img_7305 Img_8084_2 
Img_8274_2 Img_8275_2 
箱型腕時計ケース完成、正確な作業が何より大切でした、新しい課題も見つかったと思いますが十分な仕上がりです、お疲れさまでした。
Img_8217_2 Img_8218_2 
天ファスナーのハンドバッグ完成、外縫いマチは貼り方に特長があって、更に表裏を均等に貼らないとズレが出てくるので以外と気を使います、その辺も含めて良く出来てます。
Img_7219_2 Img_7220_2 Img_7222_2
Img_8085_2 Img_8086_2 Img_8087_2 
ミニトランク2つ完成しました。作業に時間がかかるため簡単に成果が現れない中、根気良く進めて頂きました、出来上がった際の達成感ありますね、お疲れさまでした!

| | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

ItaliaからCuba

Img_8430_2 Img_8382_4 Img_8379_7

寒の戻りの真っ只中、中庭が美しいイタリア大使館で当店でも取り扱いのある「conceria 800」のセミナーに参加してきました。
29472863_2033115826762906_5268129_2 29495895_2033116033429552_892175563 Img_8389_2
昨年から取り扱っているvacchetta800も好印象ですし、今回のセミナーで皮を鞣すという仕事の信念や哲学にも触れていてそちらも好印象でした、今後日本でも取り扱いが増えるであろう楽しみなタンナーです。
Img_8410_2 416ncvwqk8l_2
夜はキューバの歌姫のライブへ。80過ぎとは思えない可愛らしくて艶っぽいステージでした、この節回しは年を重ねた名人にしか出来ないだろうなぁ〜。

| | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

2月鞄教室

Img_6549_2 Img_6898 Img_6900

箱型の時計ケースの製作が始まり、目数を合わせて目打ちして接着面を斜め45°に漉きます、全部の行程が気が抜けません。

Img_6896_2 Img_7079_3 Img_7080
台形型の小さいポーチ完成、手順を間違えないで進めるところが何気に難しい課題でした、形が整って上手く仕上げたと思います。
Img_5947 Img_7651 Img_7652_2 
壁掛け時計完成。正確に円形に切り出す作業や駒合わせ縫い、拝み合わせ縫いはいつも使う技法ではありませんが覚えておくと製作の幅が広がります。
Img_7458_2 Img_7214 Img_7649
口枠に取り付けるアーチ型の持ち手、ロープ芯に革を巻いてループを作ります。
Img_7081 Img_7304_2 Img_7306 
かぶせブリーフに取り付けるスライド式の持ち手、数枚重ねた革を削りだして強度と柔軟性を出します。
Img_5845 Img_6970 Img_6971_2 Img_7158
トランクやダレスバッグなど帯鉄に直接固定する丸手、手のサイズや取り付ける鞄によって形状を変えて作ります。
持ち手は鞄の重量を支える部分です、プラスチックや鉄ではなく革やロープを芯に使うことで持ち手がしなり手に伝わる重さを分散させます、精密な作業が要求されますが重要なパーツですので頑張って仕立てて下さい!
Img_6681_2 Img_7459_2 Img_7461 
ファスナーブリーフ完成、時間のかかる課題でしたが細かいところまで丁寧に作業しました。プレゼント?喜んでもらえると思いますよ。
Img_6588 Img_6592_2 Img_7128_2
オリジナルのフォーマルバッグ完成、参考にした鞄があったとは言え構想から約1年、試作と修正を繰り返して素晴らしい鞄に仕上がりました。
Img_6589_2 Img_6595_4 Img_7132_2
このベルトの着脱方式が秀逸ですね、帯マチの仕立ても良く出来てます、難解な課題でしたが最後まで頑張りました、お疲れさまでした。

| | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

1月鞄教室

Img_5985 Img_5988 Img_6143

45°漉きした革を組んで慎重に縫い合わせたら拝み合わせ文鎮完成、包丁の斬れと集中力の結晶でした。
Img_6144_2 Img_6145 Img_6548_2 
何層にも重ねた革を削りだした芯を使用したスライド持ち手、手間はかかりますけど鞄の顔になる重要なパーツです。
Img_5846_2 Img_6551_2 Img_6902_2
大型ショルダー製作中の生徒さん、ちょっと大きすぎません?と思うのですが自分の感性を信じて進めてます、仕上がりが楽しみ。
Img_6758_2 Img_6759_2
トート完成、丁寧に正確に行程を理解しながら慎重に完成させました、商品になるような奇麗な仕上がり、お疲れさまでした。
Img_6777_2 Img_6779_2 Img_6780_2
クラッチにもバッグインにも使えるポーチ完成、チョットしたマチのおかげで使いやすいサイズです、すくい縫いのステッチが効いてますね。
Img_5698 Img_6586 Img_6951_2
ラウンドブリーフ半年掛りで完成、時間はかかりましたがその分満足の仕上がりになりました、おめでとうございます。
Img_6675 Img_6676 Img_6677 
二つ折りの多目的長財布、発案構想型紙から全て自力で完成させました、横まで開くファスナーはよく考えられてます。
Img_6617 Img_6618_2 Img_6620 
赤とチョコのバイカラーで一本挿しを製作、丹念にコバを磨いたおかげでそれぞれの色が際立つ美しい仕上がりになりました。

| | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

12月鞄教室

Img_5546 Img_5692_2 Img_5693_2

正確な採寸、裁断、駒合わせ縫いが大事な小物入れ完成、小さいけど気を使う課題でした、お疲れさまでした。

Img_5762_2 Img_5941_2 Img_6099 
オリジナルの三つ折り長財布製作中、カブセの形を悩んだり表と外の合わせ方を悩んだり、考えながら一歩一歩進めてます。
Img_5942_4 Img_5943_2 Img_5944_2 
天マチと胴を慎重に貼り合わせ、横底マチも貼ったら一周縫い合わせます、この辺結構大変でしたけど順調ですよ。
Img_6023_2 Img_6026_2 Img_6027_2
オリジナルのフォーマルバッグもう一息です、まだ完成前ですが帯マチの仕立てが上々の仕上がりです。
Img_5274_2 Img_5843_4 Img_5844_2
拝み合わせで文鎮を製作中、真鍮のサイズに合わせて型を取って目打ちを合わせて45°漉き、集中して進めましょう。
Img_5946 Img_5948 Img_5987_2 Img_6140_2
持ち手2種類進行中、原厚のブッテーロを重ねた芯を包丁で成型します、直接表には出ませんがここを正確に奇麗に仕上げることが美しい持ち手の第一歩です。
Img_5911
靴べら完成、お友達へのクリスマスプレゼントでしょうか?色とりどりで選びがいがありますね、喜ばれると思います。
Img_5152 Img_6048_2 Img_6049
トートバッグ完成、作業の一つ一つに気を使いながら奇麗に仕上げました、拘りの内装、リボンも手作りで素晴らしいです。
本年も無事に鞄教室が終了しました、生徒の皆様のご協力に心より感謝申し上げます。
身も心もゆっくり休めて来年も宜しくお願い致します。

| | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

大反省会

昨夜が今年最後の教室だったんですが、その終了間際に1人の生徒さんから「年始の日程はどうなってます?」との質問、「この前プリント渡したでしょ!?」と答えたところ他の生徒さんからも「もらってない」との声。。。

日程に変更がある場合はいつも前月の始めにプリントを配るもんで、とっくに年始の日程を伝えたものと思い込んでいたんですが、どうやら木曜日クラスの方だけ配り忘れてたようです。皆さん疑ってしまってゴメンナサイ、大いに反省です。。。
Img_3730 Img_3777_2 Img_3779
1月の教室は2週目から始まります、お間違いないようにお願いします!

| | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

今年も残り少し

Img_3695 Img_3704 Img_3706

昨夜は教室終わりに生徒さん達から忘年会に誘っていただきました、教室での作業中とは違った雰囲気で短い時間でしたが楽しい忘年会になりました。私は幹事的な仕事が全く苦手なもので、色々とご手配していただき感謝です。
今年の教室も残り少し、年の瀬に怪我などないように宜しくお願いします。

| | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

11月鞄教室

Img_4922
鮮やかなアルランのシュリーで長財布の製作を始めた生徒さん、革の色明るすぎて目がチカチカしそうです、老眼に負けず頑張りましょう。
Img_5319_2 Img_5320
自作の木型で2本挿しを試行中、こちらは800のベルーガを使用。何の2本挿しが仕上がるかは出来てからのお愉しみ。。。

Img_5058 Img_5233_2 Img_5428_2 

ミニトランク進行中もう少しで本体が仕上がりますが、持ち手の製作が残ってました、もうひと頑張りお願いします。

Img_5093_2 Img_5429
真鍮の靴べらの芯にブッテーロやrodiを挟んでシューホーンまとめて製作中です、年末ですからプレゼントですかね???
Img_4917_2 
RODIで薄型トート完成、サイズや胴の仕立て方は用途や重量に合わせて型紙から製作しました、財布とお揃いの色が可愛らしいです、おめでとうございます。
Img_4676 Img_5151_2 Img_5318 
駒合わせ縫いで円柱型小物入れを製作中、構造などを細かく理解しながら進行してます、完成まで集中して進めて下さい。
Img_5229_2 Img_5230_3 
こちらもRODIでカードケースが完成、慣れた頃にやりがちなうっかりミスもありましたがピンクの内装も奇麗です、お疲れさまでした。
Img_5166_2 Img_5338 Img_5561 
万年筆用の一本挿し製作中、年末のプレゼントに間に合わせたいところですが慎重に進めましょう、頑張って下さい。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧