2023年1月31日 (火)

1月鞄教室

Img_6991 Img_8321 Img_8323

ボディバッグ進行中、胴をぐるっと縫い終えてコバを仕上げてひっくり返したらご対面です。ステッチが曲がってたりすると返した時のシルエットが歪むこともあるのですが、これはバッチリ決まりましたお見事です。

Img_8325

部署を移動する同僚さんに送る靴べらキーホルダー、毎年の恒例なので生徒さんがこれを作り始めると春も近いと感じるようになりました。

Img_7698 Img_7697

久しぶりに登場した伊/ベルーガとブッテーロを使ってキーケースを製作、手にしっかり馴染んでくる感覚が楽しいですよ、経年変化も楽しみです。

Img_7702 Img_7701

ご自分の仕事用に天ファスナーのブリーフケースを製作。包丁も常に手入れして集中して作業してくれる生徒さん、今回も良い作品ができました。

Img_7620_20230131165401 Img_7619 

すくい縫いとコマ合わせ縫いの基礎課題。縫い方を説明するときは自信なさそうでしたが、始めてみたらすぐにコツを掴んでくれました、大変よくできてます。

Img_7892_20230131165401 Img_7893 Img_7896

シェーブルのショルダーバッグ完成。発色の良い革を活かそうと悩みに悩んで3色を組み合わせました、思い通りのデザイン・サイズ・カラーで世界に一つの鞄です。

Img_8255 Img_7985

メガネ立てをプレゼントしようと思ったのですが、普通に筒状で作るとメガネを入れた時に倒れてしまうのでは?そこで底に隙間を作って重しを入れてみたら安定感が増して大正解、喜んでいただけると思います。

Img_6544_20230131165401 Img_6278

L字ファスナーのミニ財布を製作中、外装のシェーブルはネンの印が見えづらいためマスキングテープを貼ってその上から型紙を写してます、素材によって仕立て方も臨機応変に対応です。

Img_7621_20230131201801 Img_7618 Img_8364 Img_7767 Img_8081_20230131201801 Img_7531_20230131201801 Img_7696 Img_7982 Img_7703 Img_7617 Img_8360 Img_7766 Img_8057 Img_8324 Img_8058

美味しいお年賀、プレミアム柿の種、博多のおつまみ缶、富山と新潟のめでたいコラボ、イタリア土産はこれが一番、ご近所の名物煎餅、やっぱりキットカットは欠かせません、広島土産のもみじ饅頭、クセになりそうなたまごパン、ビスケットとラングドシャとラスクは一息つきたい時に最適だな〜、最近流行りのチョコ多めは正義ですね。

1月はバッタばたであっという間に過ぎてしまいました、本年も宜しくお願い申し上げます。寒い毎日が続きますので体調には十分気をつけてお過ごしください!

|

2023年1月28日 (土)

ヴァロットン/黒と白

Img_8195

いつもの事なんですが、会期終了ギリギリに駆け込む自分の性格をどうにかしたいと思ってます。

Img_8198 Img_8203_20230125201001 Img_8202_20230125200901

それはそうと生徒さんの息子さんからも勧められた「ヴァロットン展」。木版の黒と白だけで表現される緊張と弛緩、恐怖と歓喜、生と死、人間や社会の二面性、残酷さを突き付けられたようで、背筋が寒くなったりニヤリと笑ったり。

|

2023年1月27日 (金)

星野道夫展

Img_8039_20230125195101

ほとんどの作品は美術展や書籍で見たことがあるのですが、大きく綺麗に現像されてる写真は迫力があって何度見ても美しいですね。また時代や自分の年齢が変わってるせいか同じ作品でも捉え方や見え方も変わってきます。壮大な時間の流れや人類と自然の営みを映しだす星野さんの写真はそこに添えられる文章と一緒に観るとなお楽しめるのです、久しぶりに本を読み返してみようと思いました。

Img_8041

|

2023年1月25日 (水)

リュックサック完成

Img_6880 Img_6894_20230125144301 Img_5727

シュリンクでのリュック製作は初めてでしたがサンプルを何度か修正し、各部の作り込みを試作してイメージに沿った仕上がりになりました。今回の作品を作りながらotohaciリュックサックの構想もフツフツと浮かんでます、「鉄は暑いうちに打て!」そうです、冷めないうちに形にしたいと思います。

Img_6902

気付いたら身の回りにotohaci作品がだいぶ増えてきたようですね、ありがとうございます。今回のリュックも末永くご愛用いただけると嬉しいです。

|

2023年1月23日 (月)

クセになるかも、リュックサック製作中

Img_5531 Img_5533 Img_5716_20230121110301

リュック作り面白いです。リュックは数えきれないほどいろんなデザインがあるので、otohaciで展示用に一点作るとしたらどんなデザインに?と言われたら一つに絞りきるのは難しいですけど、これを機に何か考えてみようかと思います。

|

2023年1月21日 (土)

珍しいご依頼、リュックサック製作中

Img_5025 Img_5521_20230121110001 Img_5524

何度かご注文をいただいているお客様のご依頼で、普段はほとんど作ってないリュックサックを製作。外装は仏・トリヨン、内装はレーヨンシャンタンで進行中。

|

2023年1月18日 (水)

ファスナー治具

ファスナーをきれいに貼り合わせるための道具を作ります。

Img_7802 Img_7804 Img_7805

先日の鞄教室の中でファスナーを貼り合わせる作業を始める生徒さんに、「治具作ってみます?」と聞いたら「欲しいと思ってたところです」と言ってもらったのでその場でボンテックスを加工して簡易的な治具を制作してもらいました。

自分は30年前から目見当で張り合わせていてそれに慣れきっていたので、治具の必要性をそれほど感じていなかったのですが貼り終えた生徒さんが「とても使いやすい」と言ってくれたので、これからは積極的に生徒さんにお薦めしようと思いました。

 

|

2023年1月17日 (火)

Jeff Beck

ジェフ・ベックがなくなってしまいました、来日も多いアーティストだったのでまだまだ見る機会があると思っていたのですが残念です。しかし、ブルージーでエモーショナルでロックンロールで6本の弦と10本の指でギターの可能性を無限に広げた求道者、心から冥福を祈ります。

 </p

Jeff Beck / Cause We've Endred As Lovers

|

2023年1月14日 (土)

初笑い

Img_7738_20230113174201

鈴本演芸場、令和4年、正月二の席、昼の部。正月らしい豪華な顔ぶれで幸先の良い笑い初めになりました。

林家正蔵「雛鍔」

入船亭扇橋「金明竹」

林家正雀「茄子娘」

桃月庵白酒「馬の田楽」

古今亭文菊「悋気の独楽」

古今亭菊之丞「ふぐ鍋」

柳家小ゑん「ぐつぐつ」

春風亭一之輔「猫の災難」

 

Img_7739_20230113174201 Img_7741

|

2023年1月13日 (金)

値上げの足音

Img_4428_20230109202001 Img_8269 Img_1471_20230109202001

昨年の急激な円安に伴って年末に各問屋さんから一斉に届いた値上げのお知らせ、物価・人件費・輸送費・資材調達などなどの高騰もあり為替だけが要因では無いのでしょうが、値上げというワードを見るにつけ聞くにつけ「見なかったこと」にしたくなります、そんなこと言っても仕方ないのですが。。。

|

«ブライドル / ベル型キーケース