2021年2月26日 (金)

レディース/ファスナーバッグ

Img_9444

H190×W250×D9、小さめのファスナーバッグ仕上がりました。

Img_9586 Img_9446

少しづつ春の気配を感じるこの頃、お出かけのパートナーとして活躍してくれそうです。

|

2021年2月17日 (水)

かぶせ・長財布

Img_9452 Img_9455 Img_9454

試作したかぶせ式の長財布。マチ付きポケット2室、マチなしポケット1室、コインポケット、カードポケット12枚の仕様になります。

今回はボックスカーフとひねり錠で仕立てましたが、止め具を真鍮のオコシやスナップボタンにしたり、ブライドルレザーや発色の良いクロムの型押しで仕立てても面白いと思います。使う素材や金具によってエレガントになったりワイルドにもなる、アレンジが楽しめる形ですね。

|

2021年2月13日 (土)

ブライドル・口枠1室鞄 / 完成

Img_2674 Img_2680_20210210125001 Img_2729

ThomasWare&Sons / ブライドルレザーの口枠1室鞄完成。

Img_2696 Img_2727 Img_2723

W430(ハンドル除く)×H300×D120

Img_2698 Img_2692

錠前と底鋲は真鍮無垢のotohaciオリジナルです。

Img_2890

以前からずっと作りたいと思っていたオリジナルの錠前と底鋲に挑戦させて頂けて、私も満足のいく仕上がりになりました。ありがとうございました。

|

2021年1月27日 (水)

錠前取り付け

Img_1170 Img_1492 Img_1497

組み立てた錠前を取り付けます、前胴に位置を決めて裏箱の形でくり抜いて錠前をセット、

Img_1500 Img_1507 Img_1509

裏座をつけて釘でからくって留めます、裏地側から干渉しないように、よりしっかりと固定する為にあて革も貼ります。

Img_9479 Img_1856_20210122131401 Img_1859

サガリも同じように釘で叩き込んで錠前の行程が完成です。

|

2021年1月13日 (水)

スマートウォレット / 完成

Img_7106

Thomas Ware & Sons / ブライドルレザー、スマートウォレット完成。

Img_5642 Img_5644 Img_5646

普段はラウンドファスナーなどの長財布派の方でも、チョットしたお出かけ時や休日用のセカンドウォレット的な用途で使って頂いてます。

教室の課題やプレゼントとしても問い合わせが多い作品です、ポケットに収まるミニマルウォレットをお探しの方は是非ご参考に。

 

|

2020年12月30日 (水)

仕事納め

Img_2677_20201230130901

おかげさまで本年も仕事納めの運びとなりました。

今年は皆様にとって大変な一年になった事と思います、私の仕事も大きな影響を受けて色々と考えさせられた一年になりました。しかしお客様や生徒さん、関係者の皆さんのお力添えにより無事に今年を締めくくれる事を心より感謝しております。

まだまだ予断を許さない状況は続きますが、何よりも健康第一で年末年始をお過ごしください。  

Img_7877 Img_7889

神棚のお札も交換して新しい年を迎える準備は万全です、新年からも宜しくお願い致します。

otohaciは31日〜4日までお休みをさせて頂きます、皆様良い年をお迎えください。

|

2020年12月18日 (金)

ラウンドファスナー / 完成

Img_7272

仏/デュプイ・マロカーフ×仏/アルラン・シュリーを使用し、カードポケットを3段に増やしたラウンドファスナー完成です。

Img_7257 Img_7271 Img_7253

以前作ったシュランケンカーフとはまた違う表情が現れてますね、奇麗な水シボが入った色気のあるマロカーフのおかげで良い仕上がりになりました。

|

2020年12月 3日 (木)

レザーバングル

Img_3034_20201202150001 Img_3033_20201202150001

前回も鞄教室の記事で紹介しましたが改めてレザーバングルの製作行程をご紹介。

Img_3730_20201202150101 Img_3731_20201202150101 Img_3733_20201202150101

金物のバングルを芯に使用してお客様の手首に合わせてサイズを調整します、だいたいのバングルは大きめに作られてるため糸ノコで長さを調整し、切った面をヤスリで整えます。

Img_3740_20201202150101 Img_4224_20201202150101 Img_4225_20201202150101

調整した金芯に盛り上げ芯の革を貼ってカマボコ状に切り出しこちらも表面をヤスリで整えます、今回の盛り芯は4〜5mm程度の厚みで進めます。

Img_4226 Img_4229 Img_4227

盛り芯を厚くするとその分革を巻く作業が難しくなりますが、革を引っ張りながら奇麗にシワなく盛り芯に巻いていきます。コバを切りそろえて目打ちします。

Img_5819_20201202150301 Img_5822_20201202150301 Img_5820

コバを磨いて完成、教室の課題やご注文の際の参考にして下さい。

Img_e8922_20201202153501

ブッテーロなどタンニン革はもちろん、ボックスカーフやアルランゴート、ワープロラックスなどの型押し側でも製作可能です。

 

|

2020年11月25日 (水)

ブッテーロ / ベルト #2

Img_2293 Img_2322 Img_2348

すっかりお馴染みの"strap pony"に挟んでひたすら縫い進めて完成です。。。

Img_2428 Img_2425

今回のベルトは遠方のお客様からのご注文でした。ご来店できないためメールでバックルや剣先型やステッチ、ループの仕様等のサンプル画像をやり取りをして製作させて頂きました。

|

2020年11月17日 (火)

お知恵を拝借

Img_3667

「教室終わったらそのまま出張です!」と言う生徒さんのキャリーケースについてたタグが気に入ったので、このアイデア拝借しました。

Img_4579 Img_4580 Img_4584 Img_4583

対照的な色で表と裏を貼り合わせイニシャルの箔を押して明るめのコバに仕上げます。

Img_4680Img_4609_20201117153401Img_4611

似たような色味の多いキャリーケースの目印にいかがでしょう。

Img_4713_20201117123501Img_4712

思う通りに旅行が出来ない昨今ですが、安全安心な世界が戻る事を祈りつつ。

|

より以前の記事一覧