2022年5月18日 (水)

季節外れの花見

Img_7796

ダミアン・ハースト「桜」展へ

Img_7814 Img_7800 Img_7803

ハーストが桜を描くと聞いたときは驚きましたが、ハーストらしいというか色彩豊かで力強い作品です。今年の春は忙しくて花見ができなかったので季節外れの花見になりました。

 

|

2022年5月12日 (木)

充電完了

Img_8074

久しぶりに長期休暇を取ったGWは地元でゆっくりの予定でしたが、、、

Img_7977 Img_8053_20220512123601 Img_7996_20220512123601

気温が30度を記録するほどの好天続きで、海へ山へ田んぼへと休む暇なしです。

Img_8039 Img_8040_20220512182701 Img_8071_20220512182701

山菜を採りに雪の残る山を歩き回ったおかげで翌日は筋肉痛で起き上がるのに一苦労でした。。。

Img_8087

身体は疲れたけど気分はリフレッシュできたGW。さらに今年は待ちに待った「大地の芸術祭」の開催年、今から予習して夏には思いっきり楽しみたいと思います。

|

2022年5月 1日 (日)

「燕子花図屏風の茶会」

Img_7838

昭和12年に根津嘉一郎が催した茶会の様子と、当時使われた茶道具の現物が展示されてます。

Img_7828 Img_7833 Img_7832

国宝の「燕子花図屏風」を鑑賞したあと庭園に出ると、本物のカキツバタが盛りを迎えてます。年に一度、この季節だけお披露目される国宝と庭園のカキツバタの共演です、昨日は天候に恵まれゆっくり庭園を散歩できました。

|

2022年4月24日 (日)

「魚介中華そば 西尾久さんご」

20代の頃にお世話になった先輩がラーメン屋を始めたので昨日食べてきました。(当面は金〜日曜の週3営業です)

Img_7495 Img_7498 Img_7502

陽気のいい土曜日の昼下がり、生涯で初めて降りた尾久駅からのんびりとお店に向かいます、3時過ぎだったため待ち時間もなく入店。「汁ありなら煮干しラーメン、つけ麺ならエビ豚骨、でも全部おすすめ!」と言うので暑かった昨日はつけ麺を注文。昔は西麻布でイタリア料理作ってたよな〜、と先輩の背中を感慨深く見つめて出てきたつけ麺を食べたらこれが美味しい!エビと豚骨の濃厚スープがすごく美味しいです。最近は胃もたれを気にしてラーメンを控えてた私にも全然平気で食べられる美味しいつけ麺でした。

他のお客さんからは煮干しラーメンも人気だったので次回はそれを食べたいですね、新しい挑戦を始めて活き活きとする先輩を見てたらなんとなく嬉しくなりました。

|

2022年2月11日 (金)

民藝の100年

Img_5137 Img_5139

会期ギリギリで柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」へ。日常的に使われている生活道具にも美術品に劣らない美しさ「用の美」がある、と日本各地の民藝品に光を当てた柳宗悦、その民藝運動の歩みを紹介する美術展でした。  

|

2021年12月25日 (土)

今年のボーナス

Img_1103

ついに購入、憧れの J.M.Weston/598/25ラストのスプリットトゥダービー、通称ロジェⅡ。もともとUチップ好きなんですがパラブーツのシャンボードを持ってるので同じようなスタイルのゴルフではなく、ゴルフよりもシャープでドレッシーで色気のあるこの1足。どうですか?どうですか?どうですか???

今年もコロナの影響が続いて大変でしたが、来年も前向きに頑張ろう!と靴を磨きながら心に誓う今日この頃でした。

ウエストンを15足ほど所有してるweston原理主義のお客様に報告したら、すごい長文でウエストンの心得を書いたメールが届いて、ちょっと引いちゃうやら怖くなるやらでしたが、、、本心はかなり嬉しいです。

|

2021年11月 9日 (火)

ちょっと一服

Img_0869 Img_0867

行動制限も解除されたことですし、久しぶりに行き着けに顔を出しました。

普段から1人で飲み歩くことが多くて、密になるお店にも寄りつかないのですけど、20時の閉店時間を気にしながら飲むのがどうも好きじゃなかったので。。。

Img_0866

深夜まで深酒するお年頃ではありませんが、時間を忘れてゆっくり飲める日常は有り難いことです。

|

2021年10月26日 (火)

落語会

Img_0745

今月も紀伊國屋寄席へ。

一朝さんの「黄金餅」、軽妙な語り口で地名を言い立てるくだりは聴き入ります。市馬さんの「首提灯」、ご自身も剣士だけあってお侍が刀を抜く所作が見事でした。

 

|

2021年9月19日 (日)

芸術の秋

Img_9141

イタリアを拠点に活動する彫刻家「安田侃」氏の個展へ。六本木ミッドタウンや有楽町国際フォーラムを始め各地に展示されているので、見覚えがある方も多いかと思います。

Img_9145 Img_9153 Img_9149

美しい曲線を持ったブロンズの作品は思わず手に取って眺めたくなるほど魅力的です、何か意志があるような生命が宿ってるような素敵な作品でした。

Img_9142

 

 

|

2021年9月14日 (火)

紀伊國屋寄席

Img_8981

久しぶりの寄席。

柳家甚語楼さんと桃月庵白酒さんはお二人が真打になる頃から落語会で応援してたので久しぶりに観れて嬉しかった、あまり聴いたことがない「花筏」、爆笑の「井戸の茶碗」どちらも良かったです。正楽師匠もさすがの名人芸、お元気そうで何より。

|

より以前の記事一覧