2020年1月22日 (水)

へり落とし/道具の話

以前面白い革包丁を紹介してくれた刃物問屋さんが、新しく「へり落とし」作りました、と持ってきてくれました。

Img_2767 Img_2766

ハイス鋼を使ってるため一般的なへり落としより少し高額になりますが切れ味は良いです。

革包丁を試した時にも思った事は、今まで「こういうものだ」と思って使ってきた革の刃物類とアプローチが違うという事。元々が仏像や能面用の刃物を作っている会社さんだから刃物に対する考え方が異なるのかどうかは分りませんが、刃の鋼材選びや仕上げ方、刃を柄に据える方法など興味深く使い始めてます。

包丁も使い心地が良いので、新しいアイテムがあったら試してみたくなる刃物屋さんです。

Img_2768 Img_2769 Img_2770

見本を用意してありますので試してみたい方はお声がけ下さい。

|

2020年1月20日 (月)

ラウンドファスナー製作中#3

Img_2836 Img_2839

表側は独/シュランケンカーフ、身体の部位によってシボの入り方が異なるのでが奇麗にシボが揃ってる部分を使います。

Img_9366 Img_9367 Img_9397

へり返す為にコバを漉き、R部は革を寄せながら返すためえぐりながら先端0漉きしときます。平らな胴部分には補強の為のボンテックスを貼って一周へり返し、と。

|

2020年1月15日 (水)

生徒さんの愛用作品

普段は生徒さんが教室で製作した作品を掲載してますが、今回は実際に使ってる作品を紹介します。

Img_0114

本体はサンプルを参考にして持ち手とショルダーをアレンジしたハンドバッグ。

Img_1353

クラシックなデザインが好みの生徒さん、色はいつも黒一択です。

Img_0206

主に教室で使う道具類を携帯するポーチ、外ポケットの型紙に苦心しました。

Img_0533

色んな鞄を持ってる生徒さんも革製品に関しては自分の作品を愛用してます。

Img_0122

ご自分の使い勝手に合ったサイズで製作したお仕事バッグ、良い艶が出てきましたね。

Img_1359 

鞄教室を開校した頃からの定番型トートバッグ、天気の良い日限定で持ち歩くそうです。

 

改めて見ると生徒さんが作られてた頃の情景が浮かんできて懐かしくなります。鞄に限らず財布や手帳、ペンケースや小物ポーチなどご自分で作った作品を愛用してるところが見れると私も大変嬉しいです。

また折りを見て生徒さんの作品を紹介します。

|

2019年12月27日 (金)

12月手縫い鞄教室・後編

Img_1273 Img_1271 Img_1272

この鞄をサンプルで置くようになってから生徒さんが作ったのは今回が初めて、結構難しい行程もあるので敬遠されがちですが頑張って作って頂きました、大変良く出来ましたね。

Img_1274_20191227165501 Img_1276 Img_1275

ダレスバッグ完成、こちらも長い作業工程を経て奇麗に仕上げました。コバ面の仕上げもひと針ひと針のステッチもお見事、充実の完成です。

Img_1101 Img_1100 Img_1102

ラウンドファスナーのハンドバッグ完成、腑に落ちない事はすぐに質問してくれて常に慎重に手を進める生徒さん、時間はかかりますがその仕事は作品に反映されてますね。

Img_1108

ショルダーバッグ完成です。スポーツ観戦や行楽でも、街歩きでも適度な収納力が合って使い勝手の良いサイズのバッグです。是非愛用して下さい。

Img_1347 Img_1349 Img_1350_20191227165501

息子さんから頼まれていたマネークリップ完成、数種類のサンプルからこのモデル選んだそうで、自分の欲しい革製品をお母さんが作ってくれるって、なかなか贅沢ですよね。

Img_0859 Img_0860 Img_1253

旦那さんへのクリスマスプレゼントにベルトを製作、縫い甲斐、磨き甲斐がある課題でしたが頑張って間に合わせました。来年は再びランドセル作りますか!?、、、プレッシャーかけてる訳じゃないですよ頑張りましょう!

Img_1554

バッグインポーチ完成、今年仕上げたハンドバッグにピッタリ収まるサイズで作りました。愛用してるそのハンドバッグ、サイズ感がとても良いので今度参考にさせて下さい。

Img_1465 Img_1466 Img_1467-2

初めての先端0漉き、初めてのはずなのに今まで見た生徒さんの中でもかなり上手に包丁を使っていて驚きました、これからが楽しみな生徒さん、期待しますよ!

Img_3147 Img_6314 Img_1634 Img_1631

デザインを起こして試作を作って修正して本番の製作に取り掛かかり、約1年と3ヶ月をかけての大作がようやく完成しました。普段からリュックを愛用されてるので自分の使い勝手を盛り込んで自慢の作品になってのではないでしょうか、本当にお疲れさまでした!

Img_1621 Img_1541 Img_0928 Img_1757 Img_0927

お洒落なマシュマロ、韓国の色んな味のナッツ、京都限定のキットカット、羨ましい沖縄出張のお土産、北海道旅行のお土産。皆さんお心遣いありがとうございました。

 

おかげさまで本年の鞄教室も無事に日程が終了しました、お仕事や家事でお忙しい中でも教室に参加して頂いて感謝いたします。

来年もより一層有意義な教室にして行こうと思いますので宜しくお願い申し上げます。

風邪引かないように、良いお年をお迎えください。

|

2019年12月26日 (木)

この定規が優秀!

Img_1672

100円ショップで見つけたこの定規、かなりの優れモノ。

5mm幅の間に1mmの間隔でガイドラインが入っている定規は良く見かけますがこれはもうひと捻り、上から3+2mmで5mm、その下は5mm間隔が続いてるのに一番下になぜか2mmのガイドが入ってます。

Img_1675

通常は5mmの倍数が定規の幅ですけどこれは”32mm幅”、何故このような作りになってるのかは謎ですけど私の仕事にはとても便利。

裏地を2mm引いて裁断したり2mmのチリ幅を取ったり、見返しと裏地を7mm重ねたり7mm内側から先端0漉きしたり、2mmという幅は製作の過程で良く出てくる数字なもんで、これを使い始めたら手放せない毎日です。

100円ショップ恐るべし。。。

 

 

|

2019年12月21日 (土)

長物・大物用ポニー

Img_2680_20191215194501

以前に紹介したベルトなど普通のウマに挟めない長物用のウマ、テーブルポニーとかストラップポニーとか名称は未だ良くわかりませんが、今やこの道具が自分や生徒さんの作業に欠かせないということは確実です。

Img_0865 Img_1625Img_2651 Img_0857 Img_9057

ベルトに限らず鞄の胴と底を縫い合わせる時など、ウマの懐に収まらない大判の革もしっかり固定できるので、これなしの作業はもうホントに考えられません。

|

2019年12月20日 (金)

もうひと絞り

生徒さんの製作している絞りペンケースの途中経過です。

Img_1637

濡らしたタンニン革を木型で絞って乾燥させたあと、

Img_1638

凸と凹に成型した革を剥がします、

Img_1639

そこにサイビノールや木工ボンドなど「酢酸ビニル樹脂」の水性形接着剤を塗って、

Img_1641

もう一度木型にはめて固定して革同士を接着させます。

Img_1642

この場合はゴムのりではなく木工ボンドやサイビノールの方が適しています、それぞれのボンドの特徴にあわせて使ってください。

濡らして絞るときもボンドを入れて絞る時も、しっかり乾かしてから次の作業に入らないと乾く過程で革が変形しますのでご注意ください!

|

2019年12月15日 (日)

手縫い鞄教室・前編

今月は1回に収まり切らないので2回に分けて紹介します。

Img_0355 Img_0870 Img_0871_20191215190701 Img_1263

ダレスバッグ完成間近、長い行程でしたがもうすぐ完成します、お楽しみに!

Img_1424 Img_1425 Img_1427 Img_0028

退社する先輩に送るバッグに取り付けるフリンジチャームを製作、イメージを元に何度も試作を繰り返して完成しました。

Img_1257 Img_1256

スマートウオレット完成、最近特に小さい財布の需要が高いように感じますね。裏の縫い目は見せたくないと言ってましたが十分なクオリティーですよ。

Img_1362 Img_1363

絞りの1本挿し万年筆ケースを作ります、濡らしたタンニン革を木型にはめて乾かします、しっかり乾かさないと歪んでしまいますので要注意。

Img_0784 Img_0783 Img_0786

ブライドル×ブッテーロの二つ折り財布完成、難しい行程もサクサク進めてくれる優秀な生徒さん、大変良く出来ました。

Img_1354 Img_1355 Img_1356 Img_1357_20191215190801

何気に精密な作業が必要な腕時計ベルト完成、集中して仕上げてくれました、お疲れさまでした!

|

2019年12月14日 (土)

可動式クランプ/il nuovo strumento

Img_5786 Img_5789 Img_5788

ホームセンターで見つけたアングルクランプを改造して可動式のウマを作ってみました。

Img_5793 Img_5791 Img_5795

ウマに挟んだまま全方向へ動かせる、なかなか優れものです。

Img_6568

糸が本体に絡みやすいという欠点は後々改良するとして、

Img_5798

底は吸盤になっていて固定出来るところも便利です、ご覧のとおりの吸着力、是非お試しください。

 

|

2019年12月10日 (火)

中仕切り#3

Img_5686 Img_5716 Img_5719

Img_5721 Img_5753

仕切りの角にあて革をして中仕切りも完成。

Img_5511 Img_5514 Img_5512 Img_5521

ようやく全ての行程が完了しました。

|

より以前の記事一覧