2021年6月19日 (土)

持ち手

Img_4528_20210617132001 Img_4529 Img_4567

持ち手製作、芯には断面を丸く成型した革を使います。コシがあってあってヘタリづらく、手の一点に重量が集中せず分散させてくれるところが革芯の利点です。

Img_4568 Img_4533

コバをグルッと仕上げて持ち手完成。

|

2021年6月16日 (水)

南京虫???

Img_3845

教室で腕時計ベルトの話をしてた時、生徒さんがお母様から譲り受けた「南京虫」という腕時計を持ってると話してくれました。

私はそんな時計がある事を知らなかったので、よくよく聞いてみると私たちの両親や祖父母の時代に(流行った)フェイスの小さな腕時計をそう呼ぶらしいんです、昔は舶来の小さなものや珍しいものを「南京」と呼んだらしいのですが「南京虫」とは随分な呼び方です。。。   

Img_3847 Img_3846 Qgoq8469

実際に見せてもらうととても可愛らしい時計でした、しかも裏を見たら何と【K18】の刻印が!文字盤も小さくて実用的な時計というよりはブレスレットのように装飾的な意味合いがあったのかも知れません。いまの時代につけてもカッコイイでしょうね〜。

|

2021年6月14日 (月)

6月鞄教室・前編

Img_3425 Img_3426 Img_3430 Img_3428

ブライドル×ブッテーロでラウンドファスナー長財布完成。丁寧な仕事が作品に現れてますね、おめでとうございました!

Img_4096 Img_2427 Img_4490

ブライドル一枚仕立てのブリーフケース進行中、完成までもう一息、気を抜かず頑張ってください!

Img_3431 Img_3722 Img_4638

両面がカードポケットのコンパクト財布を製作中、細かい作品は正確な型紙と裁断が大事になります、このまま順調に進めてください。

Img_3854 Img_3852 Img_3853

小さいフェイスの腕時計ベルト完成、華奢なベルトなので縫わない方法もありましたが細かく綺麗なステッチで縫い上げました。

Img_0530_20210614170901Img_1660_20210614170901Img_2425_20210614170901

設計図から型紙を起こして小さめのショルダーバッグを作ります、アルランのシェーブルを2色使って可愛いショルダーが出来上がる予定です。

Img_2127_20210614170401 Img_2417 Img_2416

こちらも設計図を描いて天板をファスナーで開閉するハンドバッグを製作中、途中で胴に何かアクセントが欲しいと思い立って目玉を取り付ける事に、どんな仕上がりになるのか楽しみです。

Img_4574 Img_4576 Img_3843 Img_3617

教室の終盤のちょっと疲れてきた時に差し入れで一息つくとパワー出ます、いつもごちそうさまです!

 

|

2021年5月20日 (木)

札入れ製作 #2

Img_1834_2 Img_1833

胴にポケットを貼り合わせてチリを落としたら縫い始めます、

Img_1966_2 Img_1973_2

とにかく薄く軽く嵩張らないというご要望、薄くても必要な強度を損なわないように重なる部分の厚みを考えて、糸の引き具合も調整しながら縫い進めます。

Img_1982

|

2021年5月16日 (日)

オリジナル菱ギリ 完成!

Img_3661

色々な柄の形を作ってみたので実際に手に取って、握りやすい柄を選んで頂こうと思います。

柄が様々な形になったのは旋盤が下手だから同じ形に仕上がらなかった訳では決してございません...手の大きさや握り方は人それぞれなので色んな形を作ったまででございます...たぶん...きっと...そうであって欲しい。。。

Img_3664

1年振りに作ってみましたが前回よりも何とな〜く上手くいったような気がします!

|

2021年5月15日 (土)

菱ギリ製作中 #2

Img_3379 Img_3382 Img_3389

本日はキリの研ぎだし。ダイヤモンド砥石と耐水ペーパーで研いでからバフで磨いて最終仕上げ。

Img_3391 Img_3300

パーツが出そろって次回完成。

|

2021年5月14日 (金)

菱ギリ製作中 #1

Img_3219 Img_3224 Img_3237

先日から1年振りに菱ギリを自作してます、昨年作った時に生徒さんからリクエストがいくつかあったので上手く作れたら販売する予定になってます。

木材はマホガニーとウォルナット、型をトレースしたら大まかに切り出して(このやり方が正しいのかは不明...)、おもちゃの旋盤で削りだしてヤスリがけ。

Img_3300

初日はここまで、久しぶりの木工作業は忘れてる事ばかりで昨年の手順を思い出しながらの作業です。おもちゃみたいな旋盤は全然パワー不足なんで大きな旋盤が欲しいですね〜、でもアトリエ中に木のクズが飛び散って掃除が大変でした。

|

2021年5月 5日 (水)

5年ぶりに”生徒さんのランドセルプロジェクト”完成

Pxl_20210407_235512727portrait Pxl_20210407_235553848portrait

緊急事態宣言に伴ってご家族から外出禁止令が発令されたり、お子さんの体調が悪くなって教室に参加できない事もありましたが、そんなアクシデントにもめげずに無事完成されました。世界に一つだけの特別なランドセルです、お母さんの愛情がたっぷり詰ったランドセルで有意義な学校生活を送って頂きたいですね。

Img_2049 Img_0672_20210501173401 Img_2048_2

コバやステッチの色でセンス良く虹色を表現してるあたりがさすがです、前回同様素晴らしい仕上がりになっています、お疲れさまでした&おめでとうございます!

|

2021年5月 3日 (月)

5年ぶりに”生徒さんのランドセルプロジェクト”#2

Img_1648_20210501172501 Img_1644_20210501172501 Img_2047

Img_2051 Img_2052_2 Img_2053

次男くんに何色のランドセルが良いか訪ねたところ「虹色!」との答えが返ってきたそうで、革を7色使うのはなぁ〜、と悩んだ結果ステッチとコバの色で虹色を表現する事になりました、機転の利いたアイデアに他の生徒さんも尊敬の眼差しでした。。。

ちなみに次男くんは周りのお友達の家にランドセルが届き始めた昨年末の頃「俺の家にはポケットだけあるぜ!」とカッコ良く言い放ったそうです、末頼もしいですね〜!

|

2021年5月 1日 (土)

5年ぶりに”生徒さんのランドセルプロジェクト”#1

約1年前、次男くんの入学に備えて5年ぶりにランドセルを作り始めた生徒さん、前回は想定外の色んなアクシデントに見舞われて入学式ギリギリに仕上った経験を活かし今回は早め早めに進めたつもりだったのですが、やっぱり想定外のアクシデントと言うかご時世柄のアクシデントに悩まされながら製作に取り組んだ1年でした。

Img_8061 Img_8064 Img_8059

まずは長男くんが4年間使用したランドセルのメンテナンスをしながら、前回の作業工程を思い出して今回の段取りを考えるところから始まりました。

Img_4228_20210501170301 Img_6185_20210501170301 Img_8065_20210501170301

Img_0673 Img_0678 Img_0679_20210501170301 

前回は独/ワープロラックスを使用したのですが今回は仏/ヴォー・エプソンを使用しました、ヨーロッパの同じような型押しレザーでもタンナーが変われば革の質感も違って、最初はチョット手こずったのですが手際良く進んでいます。

続きます!

 

 

|

より以前の記事一覧