2021年3月 4日 (木)

胴目打ち・内ポケット

Img_7673 Img_7677 Img_7678 

今回のは裏地なしのアンラインド仕立てなので表の目打ちで内ポケットを縫い付けます、ステッチのみで鞄の表情を作るシンプルなデザインは結構好みです。

Img_7683_20210303171801 Img_7682 Img_7681

内装はこんな感じに、仕切り付きポケットとフタ付きポケットを縫い付けました。

|

2021年3月 3日 (水)

持ち手と底鋲遊び

Img_6605 Img_6606 Img_7141

まずは持ち手から、鞄のサイズが大きめなので角カンも太めのつや消し仕上げを用意。

最初の写真のようなカーブを裁断する時は片刃の切り出し刀を使う事が多いです、20年くらい前に浅草橋の鍛冶屋さんで求めたこの小刀は切れ味抜群で私の大切な仕事道具です。ヨーロッパでメジャーな"TINA"も使うのですがTINAは両刃なので切る対象によって使い分けてます。

Img_7639 Img_7640 Img_7642 Img_7644

底鋲遊びは遊び過ぎずやり過ぎず、ちょっとしたアクセントになるようなデザインにします。

|

2021年2月27日 (土)

2月手縫い鞄教室・後編

Img_0057_20210226173301 Img_0058

シュランケンカーフとバケッタレザーのコンビでトートバッグを製作、このサイズ感は結構使いやすいんですよ、可愛い2トーンで完成しました。

Img_9772 Img_9773

お仕事の調整が難しい時もありましたが1年がかりでショルダーバッグ完成、ご自分の使い勝手に合わせたサイズと内外の色んなポケットを型紙から起して製作しました、おめでとうございます。

Img_9134 Img_9135 Img_9136Img_9404

Img_9407_20210226173201

こちらも1年がかりで完成、お仕事で使うファスナーバッグを使いやすいサイズと仕様で製作しました、ご自身も満足の出来だったようで良かったです、使ってみた感想も是非お聞かせください。

Img_9402

カートリッジバッグ完成、難しいな〜とぼやきながらも集中して作業に打ち込まれてる生徒さん、充分立派な出来上がりですよ!

Img_9701_20210226173701

同じ色味の人が多いとの事で仕事用のリュックにネームタグを取り付けました、調度良い感じで落ち着いた雰囲気に仕上がったと思います。

Img_7303Img_8712Img_9297Img_9298_20210226173501Img_9592

ラウンドファスナー財布を進行中の生徒さん、だいぶ佳境に差し掛かりましたね、このままいくと縁起のいい春(張る)財布の季節に完成しそうです。

Img_9271

職場で移動される方に毎年餞別のプレゼントをされる生徒さん、今年も靴べらを大量に作られるようです、喜んで頂けるように製作頑張って下さい。

Img_9458 Img_9239 Img_9769 Img_0063 Img_9775

正月気分が抜け切ってないうちかお酒を頂戴しました、以前北海道で勤務されてた生徒さんから北海道銘菓、教室の皆さんにとバレンタインチョコ、豪華なおせんべい盛り合わせ、面白美味しい限定キットカット、たくさん差し入れありがとうございます。

Img_0059 Img_0060_20210226185801 Img_0061_20210226185801

ブンタンの差し入れにムッキーちゃんもで持参して頂き、誠に感謝です。

|

2021年2月26日 (金)

レディース/ファスナーバッグ

Img_9444

H190×W250×D9、小さめのファスナーバッグ仕上がりました。

Img_9586 Img_9446

少しづつ春の気配を感じるこの頃、お出かけのパートナーとして活躍してくれそうです。

|

2021年2月12日 (金)

胴・口枠縫い合わせ

Img_1826 Img_1807 Img_1845

最終行程、胴と口枠を縫い合わせていきます。

Img_1881

Img_1886 Img_1909 Img_1923

サガリと錠前がピッタリかみ合うように、ベロの長さを調整して、、、

Img_1920_20210210124101

縫い上がり。

Img_1928 Img_1930_20210210124201 Img_1932

鍵を納めるクロシェットも作ったらいよいよ完成です。

|

2021年2月10日 (水)

2月手縫い鞄教室・前編

Img_9237 Img_9236

息子さんからの要望で製作したキーケース、思うように大学生活が送れなくて大変ですが頑張って頂きたいです。

Img_9137 Img_9138 Img_9139

ご自分のリュックに取り付けようとイニシャルを刻印したネームタグを製作、これなら似たような色のバッグやスーツケースの中でも一目で区別できますね。

Img_9232 Img_9234 Img_9235

ちょっと遠方の生徒さんはリモートで参加、周りの生徒さんとも手をふったり挨拶したりで案外コミニュケーション取りながら受講してます。

Img_8300Img_8582 Img_9129

Img_9132 Img_9133 Img_9130_20210210134201

フランスの山羊革で小さめポーチを製作、発色の良い革は鞄の中にあっても見分けやすくて便利ですよ。

Img_9238 

道具の仕立てが終了して本課題に取り組み始めた生徒さん、しっかり理解してテキパキと進めて頂きました。

Img_9320

アトリエの近所に梅が咲いてるよと生徒さんが教えてくれました。

春はもうすぐ、あとは緊急事態宣言の解除を待つばかりです、、、かね?

|

2021年2月 5日 (金)

真鍮無垢の底鋲 #2

Img_9173_20210203125601 Img_0057_20210203123901 Img_0284_20210203123901

上のゴム型にワックスを流して複数の型を取り、ロストワックスという製法で真鍮を流し込んで鋳造します、原型をキレイに磨いておいても鋳造からあがってくると表面がザラザラしてます、それにまたまた磨きをかけてピカピカに仕上げます。

Img_0060_20210203124201

兎にも角にも磨きに磨く作業に没頭です。

Img_0873_20210203130201 Img_0921 Img_0933_20210203130201

湯道を切り落として、下穴を開けてネジを切ったらようやく底鋲の準備が完了。

|

2021年1月30日 (土)

1月鞄教室・後編

Img_8071 Img_8069 Img_8065 Img_8066

冬休みのため長男くんのランドセルを持ってきて見比べながら進行してます。逆境に強い生徒さんですので緊急事態宣言下でもしっかり仕上げてくれると思いますよ。

Img_8310 Img_8308 Img_8307

丁寧に時間をかけて進めたファスナーバッグ完成しました、一生懸命に仕立てた鞄は喜びもひとしおです。

Img_8494 Img_8496 Img_8497

会社の先輩からのご依頼で馬蹄型コインケースを製作、ステッチも奇麗に揃ってなかなかの出来映えです。

Img_5186 Img_8488

iPadが収納できるサイズでL字ファスナーバッグを製作中、一つ一つの行程を確認しながら集中して進行中です。

Img_8183 Img_8647_20210129113201 Img_8649_20210129113201

小さくて薄めのトートバッグを進行中、もう一息で完成ですね、この調子で頑張って下さい。

Img_8081 Img_8165 Img_8490 Img_8419

生徒さんの愛用バッグ色々、自分で作った作品はより愛着も増しますね、今年もどんどん挑戦して頂きたいと思います。

Img_8053 Img_8684_20210129113701Img_8421 Img_8487

干支に合わせたチョコレート菓子、東京名物お芋スイーツ、ホントに美味いですよとお勧めのオリーブオイル、ラッフルズホテルの文字を見たらシンガポールスリングが呑みたくなります!

お年賀たくさんありがとうございました!

|

2021年1月23日 (土)

内装

Img_0640 Img_0725 Img_0760

今度は内装の仕立てです。片面はマチなしの薄ポケット、もう片面はファスナーポケットに。

Img_0763 Img_0762 Img_0766

紫のライニングを指定されるところがお洒落ですね〜。

|

2021年1月20日 (水)

1月鞄教室・前編

Img_8168 Img_8167_20210118174301

ショルダーベルトを取り付けた帯まちトート完成、型押しのイタリアレザーとオレンジのライニングの相性がピッタリです、愛用して下さい。

Img_8232 Img_8233 Img_8234

自転車通勤の生徒さんはポケットに収まるスマートウォレットを製作、小さいわりに細かい作業が多い課題を丁寧に仕上げて頂きました。

Img_8237 Img_8235 Img_8493

ラウンド長財布のマチの裏地の先端0漉きに集中する生徒さん、欠ける事なく奇麗に0に漉けてます。このクオリティーなら完成品も期待できますね!

Img_8303 Img_8304 Img_8305 Img_8498

ご家族から依頼された眼鏡立て、久しぶりに実践するすくい縫いと駒合わせ縫いでしたが完璧に仕立ててくれました、流石です!

Img_8072 Img_8073 Img_8079

シンプルで軽くて使いやすいを意識したサコッシュ完成、しなやかな質感のシュランケンカーフをチョイスしたところも正解でした。

Img_8550

月曜日に浅草へ行ったらビックリするほど人がいなく閑散としてました、、、こんな浅草見た事ない。

本日20日は大寒、風邪引かないようにお過ごしください!

 

|

より以前の記事一覧